AppleのCEOティム・クック氏とランチできる権利、史上最高額の68万ドル(約7,684万円)以上で落札

先日、チャリティオークションサイトのCharity Buzzに、AppleのCEOティム・クック氏とランチが楽しめる権利が出品されたことをお伝えしたが、本日同オークションへの入札が締め切られ、落札結果が発表された。

落札額はなんと68万ドル以上。日本円にすると約7,700万円と超高額な金額になった。

落札金額は全額、人権保護団体に寄付

MacRumorsによると、今回の68万ドルという落札額は史上最高額。2013年にも61万ドルという高額な落札金額になったこともあったが、今回はそれを7万ドル(約791万円)以上も更新したことになる。

参考:過去のオークション落札額
2013年:61万ドル
2014年:33万ドル
2015年:20万ドル
2016年:51.5万ドル

今年のオークションに出品されたのは、ただ単にティム・クック氏とランチできるだけではなく、新本社ビル「Apple Park」に入れるという特典が付いていた。

「Apple Park」の中で、クック氏とランチできるなんて夢のまた夢。誰でも叶えられるシチュエーションではないが、今回のオークションには述べ30人が入札したとのこと。

オークションで生まれた収益は全てロバート・ケネディ財団という人権保護団体に寄付される予定。ちなみに、「Apple Park」までの移動費や宿泊費は全て自己負担になるとのこと。とはいっても68万ドルの落札金額を考えると大した金額ではない気もするが。

このチャリティオークションは、毎年この時期に開催されている。もし、クックCEOに会いたいと思っている方は来年までに7000万円から8000万円ほど用意しておくといいかもしれない。

▶︎9.7インチ「iPad」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。