Apple、イタリアでも「Apple Pay」のサービスを開始 利用可能国は16に

徐々に利用できる国が増えてきているAppleの電子決済サービス「Apple Pay」だが、今日からイタリアでも利用できるようになったことが発表された。

イタリア国内で「Apple Pay」が利用できる金融機関は、Boon、UniCredit、Carrefour Bancaの3行。そして、VisaやMasterCardといったクレジットカードやデビットカードが利用できることが発表されている。

American Expressに関しては、相変わらず提供開始は遅れるようだが、遅くても今年中に利用できるようにする予定であるとのことだ。

「Apple Pay」は、先日ようやく台湾でもサービスが開始されており、今回のイタリアを加えて全16カ国で利用できるようになった。

現時点で利用できる国は以下の通り。

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • フランス
  • イタリア
  • ロシア
  • スペイン
  • スイス
  • オーストラリア
  • 中国
  • 香港
  • 日本
  • 台湾
  • ニュージーランド
  • シンガポール
  • アイルランド

残念ながら、日本国内で販売されている「iPhone 7」や「Apple Watch Series 2」では海外で「Apple Pay」を利用することができないので、日本人のユーザーは国内以外で「Apple Pay」を使う機会はないかもしれないが、もし海外モデルの端末をお持ちで上記の国を訪れる機会があるようだったら、ぜひ「Apple Pay」によるお支払いを試していただきたい。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。