Jimmy Iovine氏は「Apple Music」への無料プラン導入に否定的 ユーザーは音楽に対価を支払うべきだと発言

ここ最近、「Apple Music」や「Spotify」などの音楽ストリーミングサービスが次々と台頭してきている。

これらは月額料金を支払うことでたくさんの音楽を楽しむことができるサービスだが、「Spotify」などの一部のサービスでは有料プランの他にも無料プランが用意されており、時折表示される広告を見ることで無料で音楽を聴くことができる。

一部のユーザーは「Apple Music」にも無料プランの新設を望んでいるようだが、それについてBeats創業者のJimmy Iovine氏が独自の見解を語っているのでご紹介しよう。

無料プランは戦略的には優れているが、「Apple Music」への導入には反対

Music Business Worldwideの音楽ストリーミングサービスに関するインタビューに応じたIovine氏は、様々なサービスで展開されている無料プランについて懸念を示しているようだ。

Iovine氏は、急速に増えつつある無料プランのあり方は間違っていると発言。その理由として、音楽を提供しているアーティストたちは自分の働きに見合った報酬を手にする権利があるからだという。

ただ、ユーザーを集めるという意味では無料プランは戦略的に優れていると認めており、もし無料プランの提供を始めたら「Apple Music」は4億人以上のユーザーを獲得することになると予想しているようだ。

しかし、Iovine氏やAppleはその方法が最善だとは思っていない。Iovine氏曰く、自分やAppleができるのは無料プランを望んでいるユーザーが月額料金を支払ってでも利用したいと思えるくらいの良いサービスを提供するだけであるとのこと。

今回、Iovine氏がインタビューで語ったのは音楽ストリーミングサービスの話ではあったが、個人的にはどの業界にも当てはまることだと思っている。

というのも、無料であることにユーザーがあまりにも固執すると、本来価値のあるサービス・製品が不当な扱いを受けることがあるからだ。

無料はユーザーからすれば嬉しいことかもしれないが、場合によっては本来発生するべきだった報酬が発生しないことになり、不利益を被る人がいるかもしれない。僕たちユーザーは価値のあるものに関してはちゃんと対価を払う、その重要さを常に忘れないようにしなければならない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう