Google、写真から不要なオブジェクトを消す新技術を発表 目の前にあったフェンスがもともとなかったかのように綺麗に消去

Googleは写真に写った邪魔なオブジェクトをいとも簡単に消去できる技術を開発した。

本日、Googleは開発者向けイベント「Google I/O 2017」を開催。同イベントでは、「Google Home」が日本で発売することや、「Google Assistant」が正式に日本でも提供されることなど多数の新機能や発表があったが、同時に写真関連の新技術が発表されている。

Googleは今回のイベントで、写真に入った異物を取り除くことができる技術を発表した。

まだ名前もつけられていない機能だが、デモでは手前に写ったフェンスをあたかも元からなかったかのように綺麗に削除することができていることが確認できる。重要なシャッターチャンスに余計なものが写り込んだ時に重宝しそうな機能だ。

このような機能はすでにAdobeのPhotoshopなどで導入されている技術であるため決して珍しいものではないが、今後はこの機能がGoogleのプラットフォームで利用できるようになる。

いつ頃にリリースされるのか、またどの製品・サービスで提供されるかは発表されていないが、少なくともGoogle Photoには組み込まれる様子。おそらく誰でも無料で利用できる機能になると思われる。

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。