【新製品】Anker、「iPhone 7」用バッテリー内蔵型ケース「Anker PowerCore Case」を発売

Ankerの新製品がAmazonに登場だ。

各種スマホアクセサリを販売するAnkerは、「iPhone 7」用のバッテリー内蔵ケース「Anker PowerCore Case」を発表。すでにAmazonで販売が開始されている。

今回発表された新アクセサリは、「iPhone 7」に装着することでバッテリーの延命ができるiPhone保護ケース。

同製品にはバッテリーが搭載されており、充電した状態で「iPhone 7」に装着すれば、最大連続駆動時間を伸ばすことができる。Ankerの発表によれば、同製品を装着した状態で約11時間分のインターネット利用や約7時間分の動画再生、約9時間分の音楽再生が可能に。バッテリー寿命が最大180%にまで増えるという。

ケース素材はシリコン素材で、簡単に取り付け取り外しが可能。「iPhone 7」だけでなく、「iPhone 6」「iPhone 6s」シリーズでも使うことができるという。

この製品の特徴はもちろんバッテリーを搭載していることなのだが、少し面白いのは、Lightning端子を常に塞ぐことがないという点。

 

普通、バッテリーケースといえば充電のためにLightning端子を常に塞ぐ構造になっているものが多いのだが、「Anker PowerCore Case」は必要な時にだけLightning端子を接続することができる構造になっている。そのため、ケースをしたままでもLightningイヤホンなど使用することが可能。

同製品は、普段バッテリー容量が足りずに、バッテリー残量に悩まされている人にオススメ。価格は3,999円。使用できるのは「iPhone 6 / 6s / 7」だが、Plusモデルは使うことができないのでその点は注意しよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。