「iOS 11」にはiPad用にドラッグ&ドロップ機能が搭載? 各種新機能を盛り込んだコンセプトムービーが有志によって作成

次期iOSの「iOS 11」は、今年も例年通り開発者向けイベント「WWDC 2017」で発表されることが予想されている。

「iOS 11」に関する情報は今のところかなり少なく、現状では「ダークモード」の搭載や「Apple Music」のUI変更などが囁かれているが、これらは実現するかどうかは不明。

実際、次期iOSがどうなるのかとても気になるところだが、MacStoriesが「iOS 11」のユニークなコンセプトムービーを公開していたので、紹介しておこうと思う。

ドラッグ&ドロップ機能の追加や、Split View時のUIが変更に

MacStoriesが公開したコンセプトムービーは、「iOS 11」をiPadにインストールした時のイメージ。基本的なUIに大きな変更点は少ないものの、iPadの大画面をフルに活用できる多数の新機能が追加されるとMacStoriesは予想しているようだ。

最大の特徴は、ドラッグ&ドロップ機能。画面を左右に分割するSplitView時に、画像や文章を移動させることが可能になるという。

使い方は、画像や文章の上から指で長押しするだけ。文章はその段落を丸ごとコピーする仕組みになるみたいだ。

さらに、ドラッグ&ドロップ機能を最大限に活用できるようにドラッグするデータを一時的に保存しておけるスペース「Shelf」も用意され、このスペースにコピーしておけばいつでもスムーズにドロップできるようになっている。

個人的に便利だと思ったのは、SplitView時のアプリスイッチャー機能。今でもアプリの切り替え機能は備わっているが、「iOS 11」では通常のホーム画面のようなデザインになり、いつもの感覚で開くアプリを選択できるようになるとのこと。また、スイッチャー画面下部には直近開いていたアプリが表示されており、横スクロールによってアプリを選ぶことが可能だという。

今回のコンセプト動画には、他にもプロ向け機能として「Finder」アプリの導入や、「メール」や「メモ」アプリ用に拡張機能が搭載されるなどユニークで便利な機能ばかり。

動画もAppleが作成したような高クオリティな出来栄えになっているので、「iOS 11」の新機能に興味がある方は以下からチェックしてみてほしい。

ちなみに、来月開催予定の「WWDC 2017」では、「iOS 11」の他にも次期「macOS」「watchOS」「tvOS」が発表される可能性が高い。その他にも新デバイスの発表も噂されているので、気になる方は以下の記事へどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。