「iPhone 8」と「iPhone 7 / 7 Plus」のモックアップや金型を並べて撮影した画像が公開

今年秋に登場が噂されている次期iPhoneは全部で3モデル。一つ目は「iPhone 7」からデザイン変更を伴わず、スペックだけを向上させた「iPhone 7s」、ふたつ目はその大型モデルの「iPhone 7s Plus」だ。

そして、Appleは第3のモデルを開発しているといわれている。その正体は、プレミアムモデル(最上位機種)という位置付けの「iPhone 8」。「iPhone 8」はホームボタンが廃止され、上下左右のベゼルがほとんどなくなるなどデザインが一新。また、3D顔認証カメラワイヤレス充電が搭載されるなど、「iPhone 7s」シリーズに比べて性能や機能面で優れた端末になると言われている。

今回、これら3モデルの金型を撮影したと思われるリーク画像が/LEAKSで公開。設計図とみられる画像も同時に公開されているので、詳しく確認していこう。

「iPhone 8」と「iPhone 7s / 7s Plus」の金型のリークが公開

今回公開された画像は、中国のWeiboで公開されていたもので、「iPhone 8」と「iPhone 7s / 7s Plus」の3モデルの金型を並べて撮影したもの。リーク情報を多数公開しているBenjamin Geskin氏によれば、モックアップ用の金型である可能性が高いという。

左から「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」、そして一番右が「iPhone 7s」。サイズは右から順に大きくなっており、最も大きな端末は5.5インチモデルの「iPhone 7s Plus」ということになる。

当然「iPhone 7s」シリーズは、昨年発売した「iPhone 7」シリーズの単なるアップグレードモデルなので、デザイン的な違いはほとんどない。「iPhone 7s Plus」のデュアルレンズカメラも位置やデザインともに、全くと言っていいほど変わりはない。

ただ、真ん中に置かれた「iPhone 8」だけは従来モデルと異なるデザイン、端末サイズになっていることがわかる。端末サイズは「iPhone 7s」よりも若干大きめで、「iPhone 7s Plus」よりもふた回りくらい小さくなるようだ。

デュアルレンズカメラは以前の情報通り縦並びで、LEDフラッシュ用の穴が開けられていないことから、二つのレンズの間に配置される可能性が高そう。「Touch ID」は背面ではなく、前面に設置されるようだ。おそらく画面内に内蔵されるものとみられる。

/LEAKSはこの他にも、「iPhone 8」のモックアップ用金型や設計図、そしてモックアップ本体とみられる画像も公開している。

先日には「iPhone 8」はデザインが確定したと報じられ、すでにモックアップ画像も公開されている状態。あとは製造を残すのみとなっていることが明らかになっている。

これまで「iPhone 8」は、製造にいくつかの問題を抱えており、一時は発売が例年より2ヶ月以上遅れることが報じられていたが、結局のところ例年通りのスケジュールで発売する可能性が高い

これが事実であれば、次期iPhoneは今年9月に発表される見込み。あとはワイヤレス充電が搭載するのか、前面のデザインがどうなるのかなど気になる点が多いが、どんな端末になるのか今からとても楽しみだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。