10.5インチ/12.9インチ型「iPad Pro」のサードパーティ製ケースが公開 12.9インチモデルにはLEDフラッシュが搭載か

来月初旬、Appleは米カリフォルニアで開発者向けイベント「WWDC 2017」を開催する。同イベントでは、次期iOSの「iOS 11」や次期「macOS」など多数の新OSが発表されるものと予想されているが、最近の情報では新型「iPad Pro」を含む多数の新型ハードが登場するという話が出てきている。

つい先ほども「iPhone 8」に関する情報を投下していたBenjamin Geskin氏が、今度は「iPad」関連の情報をTwitter上に投稿している。

ふたつの新型「iPad Pro」、やはり「WWDC 2017」で発表か

こちらがGeskin氏が新たに公開した画像。同氏曰く、この画像は10.5インチモデルと12.9インチモデルの「iPad Pro」用に作られたサードパーティ製ケースを撮影したもの。

当然Apple純正のものではないため、本物の「iPad Pro」を基に作ったものではなく、ここ最近の情報を精査したものをベースに作られたものである可能性が高い。

公開されたケースの特徴は、「iPad Pro」向けに端末上部と下部にスピーカー用穴が4つ開けられていること。そして、イヤホンジャックやLightningポート用に穴が開けられていることが確認できる。

このケースの画像を詳しくみていると、少々気になる点がある。

それは、12.9インチ型「iPad Pro」用のケースについて。カメラホールに注目していただきたいのだが、9.7インチモデル用のカメラホールと同様に若干縦に長く穴が開けられていることがお分かりいただけると思う。

この理由はおそらくLEDフラッシュが搭載されるから。昨年3月に発売した9.7インチ「iPad Pro」には初めてLEDフラッシュが搭載されたことから、12.9インチ「iPad Pro」でも同様に搭載される可能性が高い。

また、背面に開けられた小さな穴も気になるところ。Geskin氏曰くこれはマイク用の穴。先日発売したばかりの新型9.7インチ「iPad (第5世代)」でもマイクはこの位置に採用されていることから、10.5インチ/12.9インチ型「iPad Pro」でもマイクは背面に搭載されるのではないかと予想されているようだ。

ちなみに、今回公開された画像はケースのみなので、前面のデザインについてはイマイチよくわかっていない。噂では、ホームボタンが廃止され、ベゼルがなくなった前面ディスプレイデザインが採用されるとも言われているのだが、残念ながらこの真偽については不明のままだ。

今年の「WWDC 2017」では、いくつかの新ハードの登場が予想される。一番可能性が高いのは今回紹介した新型「iPad Pro」で、著名アナリストMing-Chi Kuo氏によればその確率は70%と高確率。

次に発表される可能性が高いのは「Siri」搭載スピーカーで、Amazon Echoを意識したモデルになる可能性が高い。Kuo氏的には約50%の確率で登場する。

そのほかに可能性があるとすれば、新型「MacBook」や「MacBook Pro」などのMacBookシリーズのアップグレード

個人的には、新型Macが登場する可能性は低い(特に「MacBook Pro」)のではないかと考えているのだが、もしあるとすれば12インチ「MacBook」のアップグレード、1年近く新型モデルが投入されていないことから、スペックアップのみを施した新型モデルが登場する可能性はあるのではないだろうか。

ちなみに以前、Appleは7.9インチ型iPadの「iPad mini」について、段階的に廃止する方針であることが報道されていたが、Geskin氏によれば”新型モデルは今年は登場しない”としており、まだ完全に廃止されるわけではないのかも。新型「iPad mini」に関しては、今後の情報をチェックする必要がありそうだ。

▶︎ 9.7インチ「iPad」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう