MicrosoftのオールインワンPC「Surface Studio」が6月15日から日本でも発売へ

昨年10月、MicrosoftはAppleのiMacに対抗したオールインワンPC「Surface Studio」を発表

Microsoftが自社で開発した初のオールインワンPCということで注目が集まっていたが、同PCがついに日本でも発売されるようだ。

Microsoftは、6月15日(木)から「Surface Studio」を日本でも発売することを正式に発表している。

Microsoftの初のオールインワンPC「Surface Studio」がついに日本でも発売

「Surface Studio」は、冒頭でも少し説明した通り、Microsoftが自社で開発した初のオールインワンPCだ。

厚さがたったの12.5mmしかない28インチの大型ディスプレイはタッチスクリーンになっており、スタンドを調節してディスプレイを寝かせることによって、スタイラスペンの「Surface Pen」で絵や図をスラスラ描くことができる。かなりクリエイター向けの端末だと言えるだろう。

スペックは最上位モデルで、Intel Core i7プロセッサを搭載。RAM容量は32GB DDR4、ストレージは2TB SSD(もしくはHDD)、NVIDIA GeForce GTX 980Mを搭載するハイスペック端末にすることも可能だ。

「Surface Studio」の日本での発売は6月15日(木)。まだ公式ページなどは用意されていないが、日本マイクロソフトが5月26日(月)に「Microsoft Japan Surface Event」を開催することから、同イベントの終了後に公式ページが公開される可能性がある。

同時に予約受付も開始されることが予想されるので、購入を検討している人は同イベント後の動向を必ずチェックするようにしよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。