2018年発売の「iPhone 9」、5.28インチと6.46インチのディスプレイを搭載した2モデル体制に?

次期iPhoneの「iPhone 8」はホームボタンが廃止され、ベゼルが狭くなる関係で、ディスプレイが大型化すると言われているが、2018年に発売が予定されている「iPhone 9」は5.28インチと6.46インチと、さらにディスプレイサイズが大型化する可能性があるようだ。

これを伝えているのはThe Investor。Samsung Displayが、これらのサイズのディスプレイパネルの供給で、Appleと契約を締結したと伝えている。

「iPhone 9」は再び2モデル体制に戻る?

Samsung DisplayがAppleに供給するディスプレイは、5.28インチと6.46インチの有機ELディスプレイ。現段階ではほとんど詳細が分かっていない「iPhone 9」だが、この報道から推測するとふたつのモデルが作られる可能性がある。

もしくは、今年発売する「iPhone」は3モデルと言われていることから、2018年発売のiPhoneも引き続き3モデル体制になり、そのうちの2モデルが5.28インチと6.46インチの有機ELディスプレイを採用するということなのだろうか。

ちなみに、今年発売の「iPhone 8」と「iPhone 7s / 7s Plus」は、それぞれ5.8インチ/4.7インチ/5.5インチのディスプレイを搭載すると言われている。

「iPhone 8」ですらまだ正式に発表されていない中で「iPhone 9」の情報が出てきたわけだが、これらは今後の開発次第で大きく変わる可能性がある。あくまで噂程度に捉えておいたほうがいいだろう。

また、The Investorは5.28インチと6.46インチの有機ELディスプレイの契約締結で、Samsung Displayの出荷台数は1億8000万台になる見通しであると伝えている。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。