Appleは米カリフォルニアで5G通信テストを実施中

[ img via Jason Brown ]

Appleは米カリフォルニア州で、第5世代の無線通信システム(通称 : 5G)をテストしているようだ。

Business Insiderによると、連邦無線委員会(FCC)が公開した書類の中に、Appleが5Gシステムの実験を行うための申請書類があったことが明らかになっている。

次世代通信技術をテストしているApple

申請書によれば、Appleはカリフォルニア州のクパチーノとミルピタスの二箇所に実験用の施設を設置。許可が下りた28GHzと39GHzの2種類のバンドを利用して、通信実験を実施しているとのことだ。

この第5世代の無線通信システム(5G)、あまり聞き慣れない言葉なので、少々補足をしておこう。

このシステムは、従来の4G(LTE)をよりも高速な通信・多接続を目的とした次世代型通信技術で、一般的には利用されていない高い周波数帯を利用することで実現できる技術のこと。アメリカに限らず、日本国内でもドコモやソフトバンク、KDDIなどの大手キャリアもすでに実験を開始している。

Appleがこの5Gのテストを実施している理由は明らかになっていないが、一番可能性が高いのはiPhoneへ同通信規格を実装するためだろう。

5Gが実装できれば、10Gbpsを超える超高速通信(理論値)を利用することができるようになるため、モバイル通信環境下で4K/8K動画を再生することも夢ではない。

ただ、5G技術に関しては実験や開発がまだ始まったばかりで、実現にはまだまだ時間がかかる。しかも、端末側だけでなく電波を飛ばす基地局を最新のものに置き換える必要があるなど、キャリア側の対応も必須だ。

5Gの実現は早くても2020年とも言われていることから、ここ数年以内に発売するiPhoneに搭載される可能性はまずないと考えて良さそうだ。少なくとも今年や来年に登場する「iPhone 8」や「iPhone 9」には搭載されない可能性が高い。

[ img via NASA ]

ちなみに、5Gは単なるモバイル通信用の技術であるというだけでなく、航空産業や宇宙技術にも活用することができると言われている。

Appleが宇宙船の開発を行っているという話は聞いたことがないが、Bloombergによると、Appleは宇宙船や衛星を設計した経験のある人材を雇用し始めているという。もしかすると、Appleが何かしら宇宙関連技術に着手している可能性もあるのかもしれない。

いずれにしても、5G技術はAppleの今後に重要な技術のひとつであることは間違いなさそうだ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。