Apple、「Earth Day 2017」の広告動画「Does my iPhone believe in reincarnation?」を公開

先月22日の「Earth Day」に合わせて、Appleは地球環境保護への取り組みなど同社が行なっている様々な活動をアピールしていたが、同日に公開していなかった広告動画が新たに公開しているので、紹介しておこう。

今回、Appleが公開した広告動画は「Does my iPhone believe in reincarnation?」。Appleが「Sustainable Brands 2017」に参加したことを記念して公開されたもので、「Earth Day 2017」に公開された動画シリーズと同じコミック風の作風となっている。

動画の中身では地球環境負荷を軽減するAppleの取り組みが紹介されており、iPhoneなど不要になった端末を分解し、使える部品を再利用することで、資源を無駄にすることのない製品作りをしているという点をアピールしている。

iPhoneの分解には、以前にも紹介されていた「LIAM」が活用されている。このロボットには世界中から集められた不要になったiPhoneを自動で分解する役目が任されているとのことだ。

Appleはここ数年、新製品の開発だけでなく様々な再生可能エネルギーへの関心を高めている。今年4月から使用を開始した新本社ビル「Apple Park」も再生可能エネルギーだけで稼働しているという。

ここまで徹底している会社は世界を見てもかなり少ないはず。Appleのような世界で最も大きな会社が率先して取り組むことで、より多くの人間活動が自然環境への配慮を心がけることを切に願う。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう