中国アリババで売られている「iPhone 8」のケースのハンズオン動画が公開

Appleが今秋に発売を予定している次期iPhoneのプレミアムモデル「iPhone 8」は、すでにデザインも最終決定し、残すところ生産のみとなったと言われている。

最終デザインが決まったことで、各社アクセサリメーカーは、いよいよ「iPhone 8」のケース作りに取り掛かっているのかもしれない。

本日、国内メディアのMacお宝鑑定団Blogが、「iPhone 8」用と思わしきケースを入手。従来モデルと比較するハンズオン動画を公開しているので、動画の内容を紹介しようと思う。

「iPhone 8」のものと思われるケースのハンズオン動画が公開

今回、Macお宝鑑定団Blogが入手してきたケースは、中国のアリババで販売されていたものであるとのこと。

詳しくは動画を見てもらえればお分かりいただけると思うのだが、「iPhone 8」のデザインはやはり今まで噂されてきた通りになる模様。

サイズは「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のちょうど中間サイズになるものとみられ、「iPhone 7」に比べて若干厚みのある端末に。

次に気になるカメラについて。「iPhone 8」用ケースのカメラホールの開けられ方から、「iPhone 8」のiSight(背面)カメラはデュアルレンズカメラで横ではなく縦並びになるとみられる。

従来型のiPhoneに「iPhone 8」用ケースを装着したところ、「iPhone 7」のカメラレンズがカメラホール上部にぴったり重なる位置に来るとのこと。

このことから、「iPhone 8」のカメラは「iPhone 7」のカメラにもう一つレンズを並べたような感じになるみたいだ。

今度は「iPhone 7 Plus」のカメラに装着。すると「iPhone 8」用のカメラホールでは、「iPhone 7 Pls」のカメラがぴったりはまらないことが判明。意外と「iPhone 8」のカメラ全体のサイズは小さい、もしくはLEDフラッシュがどこかに移動することでコンパクトになる可能性があるようだ。

そして、電源ボタンなどの物理ボタンについても若干の変更がある。背面カメラが縦並びになることから、これに合わせて電源ボタンの位置が1段下げられているとのこと。

また、音量ボタンやマナーモードスイッチ自体の大きさは、「iPhone 7 / 7 Plus」と変わらない仕様になっているとのことだが、それぞれのボタン間の距離が変更になっているようだ。

これらはあくまでアリババで販売されていたサードパーティ製アクセサリであるため、本物の「iPhone 8」を元に制作されたわけではないだろう。もちろん、このケース自体も最終デザイン前の情報から製作されたものである可能性は十分にある。

ただ、ここ最近の噂から考えると「iPhone 8」のデザインはほぼ決まったと考えていい。ホームボタンの廃止に伴うベゼルレスデザインの実現に加えて、ワイヤレス充電の搭載や3Dセンサーの搭載など、僕らが大いに期待している様々な新機能が搭載される予定だ。

代わりに価格が1000ドルを超えるとも言われているが、最近の報道では100ドル程度の値上げで済むという嬉しい報道もある。実際どうなるのかはまだまだ分からないが、次期iPhoneの正体はおぼろげながら明らかになりつつある。

以下にMacお宝鑑定団Blogが公開したハンズオン動画を掲載しておくので、気になる人は内容を確認しておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう