iPhone 8、画面内蔵型「Touch ID」、ホームボタンの廃止説が濃厚に 台湾メディア報じる

Appleの次期フラグシップモデルの「iPhone 8」は、ホームボタンが廃止されベゼルがほぼ存在しない、いわゆる”ベゼルレスデザイン”が採用されると言われているが、今回これを裏付けるような情報が新たに登場してきている。

台湾メディアのDigiTimesによると、「iPhone 8」にはやはりホームボタンは搭載されず、しかも「Touch ID」はディスプレイに内蔵される予定であるとのこと。

やはりホームボタンは廃止に 「Touch ID」はディスプレイに内蔵か

以前の報道で、「iPhone 8」はホームボタンを廃止した場合、「Touch ID」の配置場所が変更になると言われている。最有力候補はディスプレイの中に内蔵するという案であるわけだが、その製造の難しさからディスプレイ内部に配置することを最終決定にして良いものなのかどうか、Appleは決めかねているとも言われていた。

だがここ最近の報道では、「Touch ID」はディスプレイに内蔵する方針で固めた可能性が濃厚とされ、「iPhone 8」はホームボタンが廃止されたベゼルレスデザインになるとも噂されていた。

DigiTimesの今回の報道は、それらを裏付けるものになる。決して新しい情報ではないが、ホームボタンの廃止に伴い、背面に「Touch ID」が乗るような無骨なデザイン案を否定してくれる重要な情報だ。

ちなみにDigiTimesによれば、「iPhone 8」はディスプレイ上で指紋を認識できるように光学式の指紋センサーを搭載すること、綺麗な写真を撮れるようにより画素数の高いカメラが搭載されること、そしてAR (拡張現実)技術を利用したアプリが使えるように赤外線のイメージセンサーを搭載する予定であるとのことだ。

また、「iPhone 8」の画面はアスペクト比が18.5 : 9になるとも報じている。現行モデルの画面アスペクト比が16 : 9であることから若干縦長の画面になることが予想される。おそらく「ファンクションエリア」と呼ばれる領域が追加されるからで、実際の使用感は今のiPhoneと大差はないものとみられる。

これまでに登場してきた噂を加味すると、「iPhone 8」はやはり「ホームボタン廃止」&「Touch IDのディスプレイ内蔵」でほぼ確定と言って良いだろう。

あと気になるのは全面のデザインや側面のデザイン、そして新機能の数々がどのような仕様になるのか。発表まで早ければ4ヶ月を切ったと言われている「iPhone 8」、どのような端末になるのか世界中から注目が集まっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。