「iPhone 8」の新しいレンダリング画像が公開 最新の噂が全て網羅

次期iPhoneのプレミアムモデルである「iPhone 8」の、端末デザインが本格的に固まってきた。

/Leaksは本日、「iPhone 8」の新しいCAD画像を複数公開。今までの有力な噂を全て網羅したものになっているので、詳しく紹介しておきたい。

ホームボタンの廃止による全面ディスプレイ化などこれまでの有力な噂を全て網羅

こちらが/Leaksで公開されているレンダリング画像。「iPhone 8」の前面とみられ、ホームボタンの廃止に伴い、端末全体がディスプレイ化すること、そしてディスプレイの上部に各種センサーやレシーバー、内向きカメラが搭載されることが確認できる。

黄色の線がディスプレイの範囲を表しているものとみられ、端末の縁ギリギリまでディスプレイになるベゼルレスデザインになることもよく分かる。

さらに、CADデータも公開されている。「iPhone 8」の背面だと思われるが、背面には縦並びになったデュアルレンズカメラ、レンズとレンズの間に配置されたLEDフラッシュ、そしてカメラが縦並びになったことで電源/スリープボタンが1段下に下がった様子が確認できる。

また、丸で描かれた部分にはAppleのロゴマークが挿入されるものとみられ、「Touch ID」用の穴ではないと思われる。

これらの変更は今までも報じられてきたことで特に新しい情報があるわけではないが、逆に言えばAppleは「iPhone 8」のデザインを上記のもので確定した可能性が高い。

一時は製造の難しさから、「Touch ID」の配置場所をどこにするのか試行錯誤しているとも噂されていたが、最近では画面内に内蔵することに成功したとも言われている。

もし本当であれば、今回のCAD画像のような端末が仕上がることになりそうだ。

[ via @VenyaGeskin1 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。