【レビュー】「AUKEY 12000mAhソーラーチャージャー搭載モバイルバッテリーPB-P24」を使えば半永久的にスマホを充電可能

前日にうっかりスマホの充電を忘れてしまったり、外出時にスマホを酷使してしまったときに役立つアイテム「モバイルバッテリー」。あらかじめ本体を充電しておくことで、いつでもどこでもスマホの充電ができるようになる優れものだ。

先日、人気番組「マツコの知らない世界」でモバイルバッテリーが取り上げられ、ネット上で一気に話題に。Amazonなどのオンラインショップでモバイルバッテリーを購入する人が相次いだ。

しかし、モバイルバッテリーもスマホを充電した後にはバッテリー自体を再充電する必要がある。この再充電を忘れてしまったばかりに、いざ使いたい場面で使えなかったという経験をしたことがある人もいると思う。僕も幾度となく経験している。

しかし、充電のし忘れを根本から解決してくれる便利なモバイルバッテリーがある。本体にソーラーチャージャーが搭載され、太陽光から直接本体を充電することができるモバイルバッテリー「PB-P24」だ。

今回、販売元のAUKEYから同製品のサンプル品を提供していただき、実際に使ってみることができたのだが、その使い勝手の良さにかなり驚かされてしまった。当記事ではそんな「PB-P24」の使用感を詳しく紹介していこうと思う。

ソーラーチャージャーが搭載されたモバイルバッテリー「PB-P24」 アウトドアや非常時に最適

こちらが、今回紹介する「PB-P24」。ソーラーチャージャーがバッテリーのおもて面に配置されているおかげで、太陽の下に置いておくだけで本体のバッテリーを充電することが可能なモバイルバッテリーだ。

充電ポートはふたつ搭載されており、二台同時に端末を充電することができる。両ポート合わせて最大5V/2.1Aでの充電が可能だ。

底面にはLEDのフラッシュライトが2つ搭載されており、携帯ライトとしても役に立つ。光もそれなりに明るく、数メートル程度あればしっかり照らし出すことができるので、アウトドアには最適だ。

ライトは端末右上にあるライトボタンを長押しで点灯。さらにもう一度1度押すと、パターンを複数変えて明滅。そしてさらにもう一度押すと、SOSモードとなり激しく明滅。防犯などに役立てることができるだろう。

さらにシガーライターも完備。電源ボタンを長押しすることで加熱させることができ、タバコの火種として使うことができる。

僕は残念ながら喫煙者ではないので、あまりこの機能を使う機会は少なそうだが、いざという時の火起こしには使えるかな、とその使う機会をうかがっている。誰かバーベキューにでも誘ってください。

本体左上にはストラップホールが用意されているので、バックパックに紐で結わえて持ち運ぶことも可能だ。

デザインはかなりゴツめで、本体の縦と横のサイズは「iPhone 7 Plus」とほぼ同じくらい。同じ容量のモバイルバッテリーと比べるとサイズはかなり大きめだ。

厚さも「iPhone 7s Plus」を2個重ねたくらいなので、ジーンズのポケットに入れて持ち運ぶことは残念ながら不可能。重さも320gほどあるので、外に持ち出すときはバックパックなど少し大きめなカバンに入れて持ち運ぶ必要があるだろう。

ただし、これも結局はソーラーチャージャーを搭載しているからこその大きさ。バッテリー容量も12,000mAhとかなり大きめで、スマホなどの小型端末なら何度も充電することができる。

バッテリー残量は本体上部のLEDインジケータで確認することが可能。電源ボタンを押すと青色LEDが4段階で光るので、25%刻みでバッテリー残量を確認することができる。

また、太陽光の下などに置いてバッテリーを充電している際には緑色のLEDインジケータが点灯し、充電ができていかどうかを教えてくれる。太陽光だけでなく、室内のLED電球の光でも充電しているようだった。

バッテリーがどれくらいの速さで充電できるのかは測れなかったのでよく分からないが、おそらく数時間~十数時間程度でフル充電までもっていくことができるだろう。実際、バッテリー残量が半分くらいになった状態で太陽に当てておいたところ、知らないうちにバッテリー残量MAXまで充電ができているといった具合だ。

ただし短時間ではバッテリー残量がなかなか増えない上に、日差しが当たらない場所や天候が悪い場合にはフル充電まで持っていくのは少し難しい。

モバイルバッテリー自体の充電はソーラーチャージャーからもできれば、MicroUSBケーブルでも可能なので、あくまで家庭にあるコンセントによる充電が基本と考えた方が良いかも。ソーラーチャージャーでの充電は、緊急時などの電源が確保できないようなときには便利だとは思う。

少し残念な点は、完全防水ではないということ。一応、USBポートやシガーライターのキャップはゴム製で、密閉できているように見えなくもないのだが、商品説明には防水性能についての記載はなし。

多少雨に濡れる程度だと問題はなさそうだが、水没などガッツリ水が被ってしまった時に故障する可能性もあるため、アウトドアなど野外で使うことを考えている場合は注意が必要かもしれない。

以上が「PB-P24」の特徴だ。

見た目はゴツく、持ち運ぶには若干苦労するサイズ感なので、普段使いには不向きな感もあるが、その性能はとてもパワフル。アウトドアや災害時など電源を確保できない状況で真価を発揮するモバイルバッテリーだと言えるだろう。

「PB-P24」は、Amazonで現在3,199円で販売中なので、アウトドアを楽しむことが多い人や、非常用電源が欲しい人はぜひ購入を検討していただければと思う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。