PS3の国内出荷が終了 発売から約10年、名だたるライバルたちと戦ってきた激戦の歴史に幕

[ img via Reinis Traidas ]

任天堂の「Wii」やマイクロソフトの「Xbox 360」など、多数のライバル機と長い間戦い続けてきたプレイステーションハードが、とうとう生産終了したことが明らかになった。

本日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、「PlayStation 3」の最終モデル「CECH-4300C (500GBモデル)」の商品概要欄のステータスを「出荷完了」に更新。同モデルの生産が完全に終了したことが判明している。

「PlayStation 3」に関しては今年3月の時点で、近いうちに出荷が終了されることが明らかにされていた。さらに今月初めには、SIEがPS3の「ハードディスク換装サービス」の提供を終了する旨も発表。今後のPSプラットフォームはPS3からPS4へ完全に引き継がれることが明らかになっていた。

今回のステータス更新によって、2006年11月に登場した「PS3」は長い歴史に幕を閉じたことになる。発売から10年以上戦い続けた名機だっただけにとても名残惜しい気もするが、残念ながらこれも時代の流れ。

すでに大手家電量販店やオンラインショップでは販売が終了。未だに最新ハードへの移植が行われておらず、PS3だけでしか動作しない有名タイトルもゴロゴロあるため、PS3をお持ちでない方は町のゲーム屋などに行ってゲットしておいた方がいいのかもしれない。

PlayStation3 チャコール・ブラック 500GB (CECH4300C) 【Amazon.co.jp限定】特典アンサー PS3用 HDMIケーブル2.0M付
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2015-10-15)
売り上げランキング: 3,191
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-09-15)
売り上げランキング: 11

[ via GameSpark ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう