「iPhone 8」の新たなレンダリング画像が登場 背面に「Touch ID」はなし

先日から「iPhone 8」関連のリーク情報で、「Touch ID」のディスプレイ内蔵説が濃厚になってきている。

正直、iPhoneの背面に「Touch ID」用の丸いセンサーが搭載されるのだけは我慢ならないので、ここ最近のディスプレイ内蔵説は単純に嬉しいものなのだが、さらにこれらの噂を肯定するようなレンダリング画像が登場しているのでご紹介しよう。

デュアルレンズカメラが縦並びになり、背面に「Touch ID」は搭載されず

今回「iPhone 8」のレンダリング画像を公開したのは、最近頻繁に「iPhone 8」関連のリーク情報を提供しているBenjamin Geskin氏(@VenyaGeskin1)。

レンダリング画像は「iPhone 8」の背面を描いたもので、縦並びになったデュアルレンズカメラが搭載されていることや、「Touch ID」が背面にないことが分かるものとなっている。

公開されたのは背面の画像だけで、おもて面がどうなっているのかは不明だが、おそらくはこれまでに噂されてきた通りのデザインになっていることが予想される。

最近のリークでは、縦並びのデュアルレンズカメラや「Touch ID」のディスプレイ内蔵はもはや当たり前となってきていることから、最終デザインは、ほぼ今回のリーク情報通りのものになるのかもしれない。

ちなみに「iPhone 8」は、この他にも上下左右のベゼルが狭くなったベゼルレスデザインになり、ワイヤレス充電機能や3Dセンサーが搭載されるなどと噂されている。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう