Apple、「WWDC 2017」に向けて「WWDC」公式アプリをアップデート iMessage向けにステッカー17種追加

来月5日、Appleは開発者向けイベント「WWDC 2017」を開催する予定となっているが、同イベントの開催に向けて「WWDC」アプリがアップデート。「WWDC 2017」仕様に変更されている。

「WWDC 2017」のタイムスケジュールや会場マップが見れるように

今回のアップデートで「WWDC」アプリはバージョン6.0.0になり、多数の新機能が追加されている。

まずは、アプリのUIが一部変更になっており、注目のセッションがテーマ別に閲覧できるようになっている他、各セッションのイベントや開催日時、会場などを閲覧できるようになっている。

また、会場周辺の情報や会場内の地図が確認できる”Venue”も追加。「WWDC」の会場を効率よく移動できるように工夫が凝らされている。

また、「WWDC 6.0.0」をダウンロードすることで、iMessageに17個のステッカーが追加される。全て「WWDC」仕様で、Appleユーザーにとっては嬉しいものばかり。iMessageでステッカーを送る機会は少ないかもしれないが、ぜひ使ってみてほしい。

「WWDC 2017」は、現地時間2017年6月5日(日本時間6月6日)から約5日間にわたって開催される予定。初日には、次期「iOS」や「macOS」などが正式発表されるとみられているが、その他にもSiri搭載スピーカーや新型iPadの発表が行われると予想されている。

当日はライブストリーミング配信もあり。発表内容が気になる方はぜひ同配信をご覧いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう