ソフトバンク、8月31日から通信制限時のアップロード速度を最大128kbpsまで低速化へ

ソフトバンクユーザーで通信制限に引っかかることが多い人は、8月以降は注意が必要だ。

本日、ソフトバンクは通信制限時のアップロード速度を最大128kbpsまで低速化することを発表している

8月31日から通信制限時のアップロード速度を最大128kbpsまで低速化

ソフトバンクによると、これまでは通信制限時にアップロード・ダウンロードの速度をどちらも最大128kbpsまで低速化するとしていたが、ユーザーの利便性を考慮してダウンロード速度のみ低速化が行われていたという。

しかし、ここ数年でSNSや動画配信などによるデータ通信量が増加傾向にあることから、ソフトバンクはアップロード速度も最大128kbpsまで低速化することを発表。

これが適用されるのは「データ定額◯GB」や「4G/LTEデータし放題フラット」などデータ通信量の上限値が決められている全てのサービスで、適用開始は2017年8月31日(木)からとのこと。

ちなみに、Y!mobileでも同様の案内が行われているため、Y!mobileユーザーも例外なく対象になる。適用日は同じく2017年8月31日(木)からだ。

各プレスリリースは以下からどうぞ。

アップロード時の通信制御緩和を終了 (Softbank)
アップロード時の通信制御緩和の終了について (Y!mobile)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。