新型MacBook ProやMacBookは、WWDC内のThuderbolt 3の説明と併せて発表か 新型iPad Proにはホームボタンが引き続き搭載

WWDC16Keynote-TimCook

本日、ユーラシア経済連合(FCC)に申請されたデバイスの中に、Appleの新型「MacBook Pro」や「iPad Pro」など様々な新型デバイスが存在することが明らかになった。

このうち新型「MacBook」シリーズに関しては、「WWDC 2017」で全てのモデルがアップグレードされる可能性があるわけだが、Macお宝鑑定団Blogによると、これらの新型モデルはWWDC内の「Thunderbolt 3」に関する説明の中で発表される可能性があるようだ。

新型「MacBook Pro」「MacBook」は「Thuderbolt 3」の話の中で発表か

新型「MacBook Pro」や「MacBook」に関しては、具体的にどのようにアップグレードが施されるのか未だに明らかになっていないどころか、そもそも本当に発表されるのかどうかも未知数だ。

しかも、13インチ/15インチ「MacBook Pro」に関しては発売から半年しか経っていないことから、Appleがアップグレードする気があるのかどうか、個人的には疑問も感じてはいる。

macbook

ただし、12インチ「MacBook」に関しては話は別。同モデルは最後のアップデートから1年以上経過しており、それ以降は最新モデルも発表されていない。そのため、搭載するプロセッサを最新のものに置き換える程度のグレードアップが実施される可能性は十分にありそう。「MacBook Air」も同様だ。

Macお宝鑑定団Blogによれば、これらの発表は「Thuderbolt 3」の説明の中で行われる可能性があり、他製品とは若干異なるタイミングで発表されるものとみられる。

ちなみに、同メディアは新型「iPad Pro」についても少し触れている。

新型「iPad Pro」は2種類用意され、一つ目は12.9インチモデルのアップグレード、そして二つ目は10.5インチモデルの発表があるとする。

12.9インチ「iPad Pro」には新たにLEDフラッシュが搭載されるとのことで、10.5インチモデルは現行の9.7インチモデルから0.5mm~1mm程度大きなサイズになるとし、ホームボタンが引き続き搭載される予定であると伝えている。

ホームボタンが引き続き搭載されるとなると、完全ベゼルレスデザインではない可能性がとても高い。ただし、ディスプレイの拡大幅に対して、端末サイズがそこまで大型化しないことから、新型モデルはベゼルがある程度狭くなったデザインになる可能性がある。そう、イメージはiDROPNEWSが作成したコンセプト画像のような感じだ。

左が新型モデル、右は従来型モデル

ここ数年の「WWDC」は、iOSやmacOSなどのソフトウェアに関連する発表がメインで、ハードウェアが発表されるイベントではなくなっていた。しかし、今年に限っては新型端末が発表される可能性が高まってきている。

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によれば、新型iPadが発表される可能性は70%で、噂のSiri搭載スピーカーが発表される可能性は50%ととても高い。

さらにMacBookやMacBook Proの新型が発表されるとなれば、WWDC初日の基調講演はいつもの進行スピードの倍速でも紹介しきれるのかどうか、というほどのボリュームだ。一般ユーザーにとっても重要なイベントになりそうだ。

基調講演は6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から行われることが発表されている。基調講演の様子は、インターネットでライブ中継される予定。詳しくはこちらの記事へ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
macbook
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。