Apple、Siri搭載スピーカーの生産を開始 今月5日開幕の「WWDC 2017」で詳細を発表へ

来週開催されるAppleのデベロッパー向けイベント「WWDC 2017」では、「iOS 11」などの次期OSの詳細が発表されるほか、新製品のSiri搭載スピーカーや新型「MacBook Pro」「iPad Pro」の発表も同時に行われると予想されている。

このうち、「Siri」搭載スピーカーについては以前から噂があったことから、発表される可能性が高いと言われている状態だが、同製品についての有力なリークが登場している。

Bloombergは、AppleがSiri搭載スピーカーの製造を開始したと報道。そして同スピーカーの詳細な情報が6月5日に開催される「WWDC 2017」で明かされるだろうと伝えている。

「Amazon Echo」や「Google Home」に対抗するスピーカーの製造を開始

情報筋の話では、Appleが開発しているスピーカーは、「Amazon Echo」や「Google Home」に対抗するためのホームデバイスになる予定。ただし、Appleのホームスピーカーは他メーカーのものに比べてかなり優秀なものになるとのこと。クリアで鮮明な音質を実現しているだけでなく、大音量で音楽を再生することができるという。

さらに、「バーチャルサラウンドサウンド技術」という音響技術を搭載しているおかげで、部屋の音響レベルを測定し、擬似的なサラウンドシステムをスピーカーひとつで構築することができる(この機能が最終的に採用されたかどうかについては不明であるようだが)。

siri

また、MaciPhoneiPadなど多数のApple製品との連携をフル活用することになるため、他社製デバイスとの差をアピールすることができるという。もちろん、HomeKitを活用し、家中のIoT製品を操ることも可能になる。

今回の報道によれば、Siri搭載スピーカーは今年の後半にリリースされる予定。具体的なリリース時期は分かっていないようだが、遅くても年内には手にすることができるとみられる。

WWDC16Keynote-TimCook

詳しい情報は、今月5日から開催予定の「WWDC 2017」で明かされることになりそうだ。その理由はデベロッパーに対して新しいプラットフォームの詳細を発表する必要があるからだ。

デベロッパーにとっても一般ユーザーにとっても、今回のイベントは見逃せないものになるだろう。久々のAppleの新ハードの誕生がとても待ち遠しい。

ちなみに、今年のWWDCは2017年6月5日から5日間にわたって開催されることが発表されている。そして、注目の基調講演は6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から実施される予定。当日はライブ配信が行われる予定なので、誰でも視聴することが可能だ。詳しくはこちらの記事から確認してほしい。

▶︎ Apple公式サイトで第4世代「Apple TV」をチェック
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。