「WWDC 2017」の基調講演のライブ配信先まとめ(日本語翻訳中継もあり)

本日深夜、いよいよAppleの開発者向けイベント「WWDC 2017」が開幕。当イベントの最大の目玉である基調講演は日本時間6月6日午前2時から開始される予定だ。

以前から何度かアナウンスしている通り、基調講演の様子はライブストリーミング配信されることが発表されており、Apple公式サイトから視聴することが可能になっている。

しかし、「WWDC 2017」の配信先は公式サイトの他にもいくつか存在し、中には日本語でも視聴できるようにリアルタイムで翻訳してくれる有難い配信先もある。英語が苦手な人でもWWDCを楽しむことができると思うので、希望する方はぜひチェックしておいてほしい。

以下に「WWDC 2017」基調講演の配信先をまとめてみた。視聴するサイトを事前にブックマークしておくといいかもしれない。

  配信先
公式サイト(映像配信)

公式サイト(Apple – WWDC 2017)

日本語同時翻訳

macwebcaster.com
直前予想番組あり 6月6日午前1時20分頃〜

英語文章による
リアルタイム中継

Gizmodo.com
CNET.com
Mashable
iMore
ArsTechnica
Techno Buffalo
The Verge
MacWorld.co.uk
TechCrunch.com


developing…

日本語文章による
リアルタイム中継

Gizmodo.jp
ライブドアニュース
App Bank


developing…

Appleの製品やサービスを愛する方なら、おそらく本日未明の基調講演に備えて、着々と準備を進めて来たと思う。何が発表されるかはこの時点では分からないが、きっと面白い”何か”が発表されるに違いない。

「WWDC 2017」は、例年通りであれば次期OSの「iOS 11」や「macOS 10.13」「watchOS 4」「tvOS 11」が発表される見通し。これらは今年の秋に一般リリースされる予定だが、早ければ今日明日にもデベロッパー向けにプレビュー版が公開されることになる。

また、今回のWWDCに関しては久々の新型ハードウェアの登場が予想されている。最も可能性が高いのは10.5インチ「iPad Pro」だが、その他にも「Siri搭載スピーカー」新型「MacBook」「MacBook Pro」「MacBook Air」などもあり得る。全ては基調講演が始まれば明らかになるだろう。

ちなみに、Apple公式サイトによるライブストリーミング配信は以下の環境で視聴できる。

・「iOS 7」以上が動作するiPhoneまたはiPadまたはiPod touch
・「OS X 10.8.5」以上が動作するMac (Safariのバージョンは6.0.5以上)
・「Apple TV」の場合は、ソフトウェア6.2以上が動作する第2世代、第3世代、第4世代モデルのみ
・Windows PCの場合は、「Windows 10」以降のOSが搭載が必須な上、「Microsoft Edge」のみで視聴可能

繰り返すが、基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開始される予定だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。