【新機能まとめ】「watchOS 4」がWWDC 2017で正式発表 トイストーリーのキャラクターが文字盤に登場

本日から、米サンノゼでAppleのデベロッパー向けイベント「WWDC 2017」が開催。現在進行形で新OSや新製品に関わる最新情報が次々と発表中だが、その中で、「Apple Watch」の最新OSである「watchOS 4」の詳細が発表され、様々な新機能が明らかになっている。

昨年にリリースされた「watchOS 3」は、動作速度が格段に向上したことで話題となったが、今回の「watchOS 4」はどんな進化を遂げているのか。詳細を確認していこう。

複数の新ウォッチフェイスが登場

「watchOS 4」には複数の新しい文字盤(ウォッチフェイス)が登場する。

1つ目は「Siri」が自動でユーザーに必要な情報をピックアップしてくれる便利な文字盤で、2つ目は写真から万華鏡のような模様を生成するおしゃれな文字盤。

そして、一番の目玉はピクサーでお馴染みの「トイストーリー」のキャラクターが登場する文字盤だ。ウッディーやバズ・ライトイヤーが、Apple Watchの文字盤で動き回るようになる。

アクティビティ・ワークアウトがさらに進化

「Apple Watch」の顔といっても過言ではないアクティビティやワークアウトだが、これらの機能がさらに使いやすくなる。

アクティビティでは1日ごとに目標を設定することができるが、その日の目標や達成間近の目標を通知して教えてくれるように。毎日の目標を達成しやすくなること間違いなしだ。さらに月間チャレンジの追加も。

ワークアウトでは様々なスポーツを選択することができるが、複数のワークアウトの切り替えがスムーズにできるようになっている。

また、ジムに通っているユーザーに朗報。「Apple Watch」にジムマシンに表示されているスピードや心拍数などのデータが表示できるようになる。7社のジムマシンへの対応が予定されているとのこと。

運動中に音楽が聴きやすく

「Apple Watch」を使って運動中に音楽を聴いている人は、「watchOS 4」からより便利に音楽を聴くことができるようになる。

再生するプレイリストを選ぶときには、デジタルクラウンを回して、お気に入りのプレイリストをタップするだけ。プレイリストの切り替えもスムーズに行うことができるように。

プレゼンテーターの話によると、Appleは「watchOS」の音楽機能がそこまで便利に機能していなかったことを認識していたとのこと。そこで、「watchOS」の「ミュージック」アプリは、iPhoneの楽曲やプレイリストを自動で同期できるようにしたという。

これで常に最新の曲を「Apple Watch」内に忍ばせておくことができるので、ポケットに入ったiPhoneからではなく、手首に巻いた時計からすぐに音楽再生が可能になるようだ。

「watchOS 4」のデベロッパープレビューは本日から公開。正式版のリリースは2017年秋になる予定だ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。