Apple、「iOS 11」用の純正ファイラーアプリ「Files」をフライング公開 「iOS 11」で標準搭載?

本日深夜26時(日本時間)、Appleの開発者イベント「WWDC 2017」が米サンノゼで開催される。同イベントでは、次期iOSの「iOS 11」が発表されることが予想されているが、この「iOS 11」に搭載されるアプリが一時的にApp Storeで公開されていたようだ。

MacRumorsによると、App Storeに「iOS 11」の純正アプリと思われる「Files」というアプリが配信されていたことが判明している

「iOS 11」から利用できる純正アプリ「Files」をフライング公開か

発見された「Files」というアプリは、システム要件が「iOS 11」以降となっていたため、開発者のSteven Troughton-Smith氏は発見時点ではダウンロードできなかったと報告している。

また、説明欄には「Files App for iOS」としか記載されておらず、スクリーンショットにはAppleのロゴだけが表示されているダミーの画像が登録されていたとのこと。

すでに「Files」アプリはApp Storeから削除されてしまっており、現時点ではアクセスできないようになっているが、同アプリが登場したタイミングを考えれば、おそらく「WWDC 2017」で何らかの説明が行われるものと予想される。

冒頭でも少しお伝えしたが、「WWDC 2017」の基調講演は本日の深夜26時から開催。公式サイトやその他のサイトでライブ配信が行われる予定なので、視聴予定の方は以下の記事から視聴先を確認しておくようにしよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。