「iOS 11」、ドラッグ&ドロップ機能が搭載か iPadのSplit Viewで利用できるように?

「iOS 11」で、いよいよ「ドラッグ & ドロップ」が利用できるようになるかも。

本日、「iOS 11」用のApple純正ファイラーアプリがApp Storeに一時的に表示されていたことが、開発者のSteven Troughton-Smith氏によって明らかになっているが、そのほかにも「iOS 11」には新機能が搭載される可能性があることがわかった。

Troughton-Smith氏によると、「iOS 11」から「iPad」のSplit Viewで、ドラッグ&ドラッグによるファイル操作ができるようになるとのこと。

iPadのマルチウィンドウ機能「Split View」時にドラッグ&ドロップが可能に?

Appleは現在、開発者向けに「iOS 10.3 beta」を公開しているが、そのほかにも「iOS 10 beta」を利用するユーザーからバグ報告を募る「Feedback」アプリも公開している。

Troughton-Smith氏は、このアプリ内の新規フィードバックにある、「Which of the following are you seeing an issue with ?(どの項目に問題がありますか?)」の項目の中に、「Split View/Drag & Drop」というバグレポートがあることを発見。

すでに、iOSには「Split View」と呼ばれるマルチウィンドウ機能が搭載されているが、ドラッグ&ドロップ機能については未実装。もしかすると、「iOS 11」から同機能が利用できるようになるのかもしれない。

これらはおそらく、今夜開催される「WWDC 2017」の基調講演で発表されることになるだろう。基調講演は6月6日午前2時から。ライブストリーミング配信も予定されているので、気になる方はぜひ視聴を。

ちなみに、ドラッグ&ドロップ機能については、Readdle社のiOSアプリ「Spark」「Scanner Pro」などで利用することが可能。Appleが用意したデフォルトの機能ではないかもしれないが、あるとないとでは全く異なる。同機能が他のアプリでも利用できるようになるとすれば、iPadでも便利に仕事ができるようになるだろう。期待したい。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう