「MacBook Air」、WWDC基調講演後にCPUがサイレントアップデート

macbook-air

Appleは、6日午前2時から開発者向けイベント「WWDC 2017」で多数のOS、新ハードの発表を行った。

今回、新型「iMac」の発表や「MacBook Pro」など予想以上に多くの製品がアップグレードされているわけだが、その裏でサイレントアップデートを実施した端末があることが判明した。それは、「MacBook Air」だ。

すでに11インチモデルが廃止されており、いつ販売が終了してもおかしくない13インチ「MacBook Air」だが、同端末のプロセッサが今回のイベント後にアップデートされている。

「MacBook Air」は、今まで「1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、3MB共有L3キャッシュ」が標準搭載されていたのだが、今回のアップデートで「1.8GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.9GHz)、3MB共有L3キャッシュ」にアップデート。

プロセッサ以外は特に変更はないようなので、ほんの少し処理速度が向上した程度のアップデートとなっているが、今後「MacBook Air」の購入を検討している人は覚えておくようにしよう。

ちなみに、CTOオプションで選択できるプロセッサは依然として「2.2GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)、4MB共有L3キャッシュ」となっており、変更はないようだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via Linkman ]

macbook-air
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。