「MacBook Air」、WWDC基調講演後にCPUがサイレントアップデート

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

macbook-air

Appleは、6日午前2時から開発者向けイベント「WWDC 2017」で多数のOS、新ハードの発表を行った。

今回、新型「iMac」の発表や「MacBook Pro」など予想以上に多くの製品がアップグレードされているわけだが、その裏でサイレントアップデートを実施した端末があることが判明した。それは、「MacBook Air」だ。

すでに11インチモデルが廃止されており、いつ販売が終了してもおかしくない13インチ「MacBook Air」だが、同端末のプロセッサが今回のイベント後にアップデートされている。

「MacBook Air」は、今まで「1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、3MB共有L3キャッシュ」が標準搭載されていたのだが、今回のアップデートで「1.8GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.9GHz)、3MB共有L3キャッシュ」にアップデート。

プロセッサ以外は特に変更はないようなので、ほんの少し処理速度が向上した程度のアップデートとなっているが、今後「MacBook Air」の購入を検討している人は覚えておくようにしよう。

ちなみに、CTOオプションで選択できるプロセッサは依然として「2.2GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)、4MB共有L3キャッシュ」となっており、変更はないようだ。

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via Linkman ]

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。