安定版「Chrome 59」が公開 「macOS」のネイティヴ通知をサポート

現地時間5日、Googleは一般ユーザーに向けに「Chrome 59」の安定版をリリースした。

同バージョンでは「macOS」のネイティヴ通知をサポート。画面右上に表示される通知カードにはChromeのロゴが表示され、開発者が自ら指定したロゴではなくなる仕様に。これは全ての通知が対象になるとのこと。

さらに、ブラウザの設定画面もマテリアルデザインを採用し、他のGoogleのサービスと統一感のあるデザインに変更された。以前の設定画面に比べてスッキリとした印象なので、前から使っていたユーザーも、これから新しく使い始めるユーザーにとっても、使いやすくなったのではないだろうか。

ちなみに、Googleによれば今回の「Chrome 59」から「Headless Chrome」をサポート。「ターミナル」アプリからPDFの作成やスクリーンショットの撮影ができるなど、Chromeの機能をユーザーインターフェイスなしで利用することが可能になった。

同機能はMac版とLinux版の「Chrome 59」で利用することができ、Windows版はまもなく公開されるとのことだ。詳しくはこちらから。

そのほかに、「Chrome 59」は合計30件のセキュリティ問題に対処しているなど重要なアップデートになっている。

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。