「iOS 11」にはWi-Fiに接続済みのユーザーから他人にパスワードを共有できる機能が搭載

「iOS 11」の開発者向けベータ版がリリースされてからというものの、WWDCの基調講演では触れられなかった「iOS 11」の知られざる新機能・変更点が多数見つかっている。

先ほどもApple純正の「メール」アプリでGmailのプッシュ通知ができるようになっていることをお伝えしたばかりだが、さらに便利な新機能が発見されている。

なんと、「iOS 11」では自分が接続しているWi-Fiのパスワードを他人に共有することができる機能が実装されているとのこと。

Wi-Fiに接続済みの端末に他の端末を近づけるだけでパスワードを共有

9to5Macによると、「iOS 11」ではWi-Fiに接続しているiOS端末に別のiOS端末を近づけると、パスワードを送ることができるという。

パスワードを送るには、Wi-Fiに接続済みのiOS端末にただ他のiOS端末を近づけるだけ。すると、送る側のiOS端末に「Share Your Wi-Fi(Wi-Fiパスワードを共有)」というポップアップが表示されるので、「Send Password(パスワードを送信)」ボタンをタップすることでパスワードを送信することができるようになっているようだ。

このパスワードの共有ができる条件としては、パスワードを送信する側と受信する側の両方に「iOS 11」がインストールされている必要があり、かつ送信側はロックが解除されている必要があるようだ。

Wi-Fiのパスワードは分かりやすいパスワードに変更して使用しているならまだいいのだが、初期設定のままで使用していたりすると長くて覚えづらく、いざパスワードが必要になった時にすぐに入力することができないことも多い。

そんな時にはこの機能を利用することで、パスワード入力時の面倒な一手間を省略することができるようになる。

ただし、この機能は直接パスワードを取り扱うものなので、セキュリティ面を考慮するなら使うかどうかは様子を見るのもありだろう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。