Apple、優れたデザインのアプリを称える「Apple Design Award 2017」を発表 12個のアプリが選出

現在、Appleは米サンノゼでデベロッパー向けイベント「WWDC 2017」を開催中だが、その中で毎年恒例となっている「Apple Design Award」の発表を行った。

「Apple Design Award」は、優れたデザインのアプリと開発者を称える賞で、2017年度はゲーム部門を合わせると全部で12個のアプリが選出。中には日本でも人気のアプリも含まれている。

受賞アプリは以下の通りだ。

ゲーム部門

  • Mushroom 11 (iOS)
  • Splitter Critters (iOS)
  • Old Man’s Journey (iOS)
  • Severed (iOS)
  • Blackbox (iOS)

この中でも「Airmail 3」「Things 3」「Enlight」「Bear」は多くのユーザーが利用していることもあり、人気のアプリだ。

また、ゲーム部門ではPS Vitaでも発売されたアクションRPG「Severed」が受賞している。同アプリは現在、期間限定で55%オフの360円となっているので、気になった人はこの機会に購入してみても良いかもしれない。

これらのアプリはAppleも認めるレベルの優秀なアプリということになるので、欲しい人はぜひ詳細を確認してみてほしい。

ちなみに、これらのアプリはiOS版だけでなくMac版がリリースされているものもあるので、両方購入して便利に使うのもオススメだ。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。