「iOS 11」のカメラアプリ、「QRコード」を直接スキャンできる機能が搭載

次期iOSの「iOS 11」では多数の便利機能が搭載される予定だが、カメラアプリにも便利機能が搭載される予定であることがわかった。これまでサードパーティ製アプリに頼りっぱなしだった「QRコードの読み込み」が、開発者向けに公開されている「iOS 11 beta」で実装されたようだ。

純正カメラアプリでQRコードを映すだけで簡単に読み込みが可能

MacRumorsによると、純正のカメラアプリでQRコードを読み込むことができるようになっているとのこと。

「iOS 11」でQRコードを読み込むには、これまでサードパーティー製のアプリでもやってきたように、カメラアプリを起動してQRコードを映すだけ。すると、そのQRコードから読み込まれた情報がアプリの通知と同じように上部に表示されるので、あとはその通知をタップして操作を続けるだけだ。

MacRumorsではWi-Fiに繋ぐためのQRコードや、「連絡先」に追加できるプロフィールを読み込むQRコードを読み込んだ様子が紹介されている。

[ img via @daytonlowell@theronster ]

冒頭でも述べた通り、これまではAppleの純正アプリでQRコードを読み込むことはできなかったので、「iOS 11」で標準対応してくれるのは非常に嬉しい限り。

日本国内では、QRコードを読み込む機会に遭遇する機会が多いので、今秋に正式版「iOS 11」がリリースされたら早速、純正の「カメラ」アプリを試してみよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう