「iPhone 7s / 7s Plus」は「iPhone 8」と同じガラス製の筐体に?「iPhone 8」は製造数が少なく入手困難になる可能性も

次期iPhoneには、「iPhone 7」シリーズのアップグレードモデルに当たる4.7インチと5.5インチの「iPhone 7s / 7s Plus」と、ホームボタンが廃止され、ベゼルレスデザインが採用された「iPhone 8」の3モデルが登場するとみられている。

これらの端末のデザインはすでに最終決定が下り、いくつかの部品の調達が始まっているという情報が登場しているが、いよいよAppleのサプライチェーン各社が次期iPhone用の部品の量産を開始したようだ。台湾メディアのDigiTimesが伝えている。

「iPhone 7s / 7s Plus」にはガラス製の筐体が採用か

次期iPhoneのうち、「iPhone 8」は有機ELディスプレイが搭載され、ガラスの筐体と金属フレームが採用されると言われており、「iPhone 7s / 7s Plus」には従来通りの筐体が用いられると言われている。

しかし、今回DigiTimesが報じた内容によると、「iPhone 7s / 7s Plus」にも「iPhone 8」と同じように強化ガラスの筐体にアルミのフレームが使われることになるという。

また、「iPhone 8」のディスプレイにはSamsung Display製の有機ELディスプレイが採用され、同社は2017年内に8,000万枚もの有機ELディスプレイを量産する予定であるとのこと。

DigiTimes ReserchのシニアアナリストLuke Lin氏によると、2017年後半には「iPhone 7s / 7s Plus」は2,500~3,000万台、「iPhone 8」は5,000万~5,500万台が生産される予定だが、上流サプライチェーンの製造状況から判断すると、9月半ばまで大量生産が開始されない関係で、第三四半期に出荷される「iPhone 8」はわずか300万台になるとのこと。

もしこの情報が正しい場合、次期iPhoneが例年通りに9月に発売されても、一番人気が集中する「iPhone 8」は発売時点でたったの300万台しか在庫が用意されていないことに。

これだと、おそらく発売日直後に入手できるユーザーは世界でもほんの一握り程度になることが予想されるので、ほとんどのユーザーは早くて10月、遅くなると今年の年末あたりまで「iPhone 8」の到着を待つ必要がありそうだ。

ちなみに、「iPhone 7」や「iPhone SE」など旧機種のiPhoneの第三四半期の生産量は2,500万~3,000万台になる予定で、これらと新型iPhoneの生産量を含めると、Appleは4,500万〜5,000万台のiPhoneを生産することになるとDigiTimesは伝えている。

▶︎「iPhone 7 / 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。