【iOS 11】画面を録画できる「スクリーンレコーディング」機能が搭載

今秋にリリースが予定されている次期iOSの「iOS 11」。同OSは「WWDC 2017」のあと、デベロッパーに対してベータ版が提供されているが、配布された「iOS 11 beta」には画面を録画できる機能が搭載されていることが判明している。

今まで、iOSの画面を録画するにはPCなどに画面を出力し、それをキャプチャする必要があった。しかし、「iOS 11」で導入される「スクリーンレコーディング」機能を活用すれば、iPhoneやiPadの画面を録画することができるように。iOS端末の画面を、動画形式で撮影することが可能だ。

利用するには、「設定」アプリからコントロールセンターに「Screen Recording」という機能を追加する。完了したら、あとはコントロールセンターから同機能を起動するだけ。

画面の撮影中は、画面の上に「Recording」と書かれた青いバーが出現。録画中であることをユーザーに教えてくれる。録画を終了したい場合は、上の青いバーをタップするか、配置したコントロールセンターのボタンをタップすることで完了する。

撮影した動画は、カメラで撮影した動画と同様に写真アプリに保存される仕組み。写真アプリから家族や友達にシェアすることもできれば、TwitterやFaceBookに投稿することも可能。もちろん、写真アプリから動画の編集も可能で、マイクを挿せば動画に声を入れることもできる。

友達にiOSの設定を教えるときはもちろん、スマホゲームの実況プレイを録画するときに便利かもしれない。

同機能はまだ「iOS 11」のベータ版のみで利用可能。一般ユーザーが利用できるようになるのは、今年の秋だ。

▶︎10.5インチ / 12.9インチ「iPad Pro」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via TNW ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。