「iOS 11」ではNFCがデベロッパーに開放 煩わしいBluetoothペアリングを簡略化できるように

applepay

先日、Appleは「WWDC 2017」の基調講演で「iOS 11」の詳細を発表。「iOS 11」には多数の新機能が追加される予定だが、Appleが新たに「Core NFC」についてのページをデベロッパー向けサイトで公開している。

同ページによると、「iOS 11」ではiPhoneに搭載されているNFCチップがデベロッパーに対して開放。NFC機能が拡張されることが判明した。

今まで煩わしかったBluetoothペアリングを簡略化することも可能に

Appleは「iOS 11」で「Core NFC」という新しいフレームワークをデベロッパー向けに用意しており、これを利用することで「iPhone 7 / 7 Plus」に搭載されているNFCチップをサードパーティ製のアプリでも利用できるようになるという。

もともと、iPhoneに搭載されたNFCチップは「Apple Pay」に使うために搭載されたものなわけだが、同チップを活用すれば「Apple Pay」だけでなく、もっと多様な使い方をすることができる。

例えば、Bluetoothで接続するタイプのワイヤレスイヤホンやワイヤレススピーカーなどのBluetoothデバイスとiPhoneを近づけるだけでペアリングを完了することができたり、海外では店舗でタグに端末を近づけることで、そのタグに書かれている商品の情報やクーポンを読み取ることもできるように。

これらの機能はAndroid端末ではすでに当たり前で、むしろiPhoneの対応が遅かったくらい。今後はiPhoneもAndroid同様、NFCを使った便利な機能が利用できるようになりそうだ。

ちなみに「Core NFC」が対応するのは、現時点では「iOS 11」をインストールした「iPhone 7 / 7 Plus」のNFCチップのみ。もちろん今秋発売されるiPhoneのNFCチップにも対応することが予想されるが、「iPhone 6s」シリーズや「iPhone SE」などの端末のNFCチップには対応していないので注意が必要だ。

[ via The Verge ]

▶︎「iPhone 7 / 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
applepay
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。