iPadに「iOS 11」をインストールしたハンズオン動画 ドラッグ&ドロップや新UIのアプリスイッチャーなど多数

先日から開催されている「WWDC 2017」で初披露された「iOS 11」。iPad向けの新機能が多数搭載されることが発表されており、iPadがより便利になることが明らかになっている。

「iOS 11」で導入されるiPad向け機能は多岐にわたる。例えばコントロールセンターやアプリスイッチャーのUI変更、マルチタスク中のドラッグ&ドラッグ機能であったり、メモ帳機能の拡張など。

これらの機能がどのように動作するのか、MacRumorsがハンズオン動画で紹介している。

注目はやはりマルチタスク機能のひとつ、ドラッグ&ドロップ機能。ファイラーアプリ「Files」やDropboxなどのクラウドストレージアプリからメールやメモにファイルを引っ張ってきたり、Safariから画像やリンクを持ってきたりとあらゆる局面で使えそうな同機能。

さらに、Macで使えるようなドックを標準で利用できるようになったことから、アプリの切り替えはとてもスムーズ。アプリスイッチャーも一覧性の高いUIに変更されたことで、多数のアプリをストレスなくスイスイ移動できるのも魅力的だ。

また、Apple Pencilの活躍の場も広がる。メモ帳やメッセージアプリで手書きの文字を入れたり、スクリーンショットにノートを書き入れることも簡単に。

今までは、単に”大きなiPhone”としての存在だったiPadが、同OSによって、今後はその存在価値が大きく変わりそうだ。

MacRumorsが公開した動画は以下の通り。新機能を確認するには最適だと思うので、時間がある時に是非一度視聴してみていただきたい。

▶︎10.5インチ / 12.9インチ「iPad Pro」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。