【レビュー】「Insta360 Nano」はお手頃価格で360度全方向の撮影を楽しめるiPhone用カメラ

近年、1度の撮影で360度全方向を撮影できる「360度カメラ」にブームが到来している。

360度カメラは、複数のレンズで周囲の景色を撮影し、それらをつなぎ合わせることで360度写真を撮影することができる高性能なカメラのこと。今年に入ってからはSamsungやFacebookなどの大手企業もこの業界に参入してきており、新製品が続々と登場してきている。

写真・動画の撮影が好きな人の中には、こういった特殊な撮影ができるカメラに興味がある人もいるとは思うのだが、いかんせん360度カメラは高価なものが多く、中には5~6万円以上するものもある。

しかし、そんな高価なカメラは購入できない…と諦めるのはまだ早い。なぜなら、この半分ほどの価格で購入できる360度カメラが存在するからだ。その名も「Insta360 Nano」。

今回、メーカーから「Insta360 Nano」を提供していただき、実際に撮影を行ってみたところ、非常に手軽に360度写真を撮影できることが分かった。今回は実際に撮影した写真も交えつつ、同カメラの詳細や使い心地に付いてレビューしていく。

「Insta360 Nano」は安価で気軽に使えるiPhone用360度カメラ

まずは、「Insta360 Nano」がどんなカメラなのかを簡単に紹介しよう。

「Insta360 Nano」は、レンズの下にLightning端子がついており、これをiPhoneのLightningポートに直接挿して使うタイプのカメラだ。

カメラの内部には2つの210度超広角魚眼レンズ(解像度:3,040×1,520ピクセル)が搭載されており、これらを同時に使用して写真を撮影・合成することで、360度写真が出来上がる仕組みになっている。

カメラ本体はこんな感じ。大きさは手のひらに収まる程度で、持ち運ぶときに邪魔になることはほとんどないので、気軽に持ち出して撮影することが可能だ。

対応しているiPhoneは「iPhone 6 / 6 Plus」「iPhone 6s / 6s Plus」「iPhone 7 / 7 Plus」の6端末。4インチサイズの「iPhone 5s」や「iPhone SE」には対応していないので注意してほしい。

次に、付属品について触れておこう。「Insta360 Nano」は内部に800mAhのバッテリーが搭載されており、撮影するには必ず本体を充電しておく必要がある。充電はMicroUSBケーブルで行う必要があるのだが、もし家にMicroUSBがなくてもケーブルが付属品として付いてくるので問題なしだ。

また、撮影した写真や動画を保存しておくためにはMicroSDカードが必須。写真はiPhone本体のストレージとSDカードに保存され、動画はSDカードのみに保存されるようになっているので、付属してくるSDカードをカメラ本体に挿入してから撮影を行うようにしよう。もし容量が足りないと感じた場合は、最大64GBまでのSDカードを挿入することが可能だ。

このほかに持ち運び用の専用ポーチと説明書がついてくるのだが、付属品はこれだけにあらず。なんと商品のパッケージの一部がVRメガネになっており、中にスマートフォンを挿入して覗くことで、撮影した写真をVR映像として閲覧することができるのだ。これについては後述するので、まずはこんなものが付いてくる程度に思っておいていただければと思う。

さて、カメラ本体や付属品についての説明はここまで。それでは、早速360度写真の撮影方法について説明していこう。

まず、360度写真を撮影するには専用のアプリが必要になるので、App Storeからあらかじめダウンロードしておこう。ダウンロードは以下からどうぞ。

アプリを起動したら、iPhoneのLightningポート部分に「Insta360 Nano」を接続して撮影を開始する。撮影時にはiPhoneを逆さにする必要があるので、慣れないうちは少し戸惑うこともあるかもしれない。

このようにして撮影した写真がこちら。撮影者が若干写り込んでしまっていて申し訳ないが、このようにして360度全方位を撮影することが可能だ。

当記事で掲載している写真は横長になったり、景色が若干歪んでしまっているが、LINEやFacebookなどに写真をアップすると、360度全方位をぐるぐると見回すことができる形式で綺麗に写真が出力されるのでご安心を。

撮影した写真は先述したVRメガネにiPhoneをセットすることでVR映像として楽しむこともできる。VRのクオリティはそこまで高いわけではないが、雰囲気を楽しむには十分かな、といった具合。

「Insta360 Nano」で360度写真を撮影する方法や、どんな写真が撮影できるかは以上になるのだが、撮影にあたって注意していただきたい点が1点だけある。

それは、iPhoneにケースをつけた状態だとカメラがしっかり装着できないこと。Lightningポートに接続しなければならない以上、仕方がないことなのかもしれないが、撮影するたびにケースを外さなければいけないのは少し面倒。

普段からケースをつけずに使用しているという人や、外しやすいケースを利用している人は問題ないかもしれないが、こればかりは若干使いづらく感じてしまう要因になってしまうかも。

ただし、この点を除けば他は概ね良好。他の高価な360度カメラに比べればクオリティは若干劣るが、やはり安価なので、気軽に360度撮影ができるというのがポイントだ。

360度写真に興味がある人、FacebookやYouTubeでちょっと奇抜な動画を投稿してみたい人は、ぜひ「Insta360 Nano」を検討してみていただければと思う。

Insta360 Nano」は、現在Amazonで23,999円で提供中。カラーはホワイトと限定版のゴールドの2種類があるので、好きな方をチョイスするようにしよう。

ちなみに、メーカーから「Insta360 Nano」の割引コードをいただいている。コードは「SSG7KJN8」で、同コードを利用することで通常価格の10%オフ(2,400円オフ)の21,599円で購入が可能だ。割引コードの有効期限は6月30日まで。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう