日本マイクロソフト、「Xbox One X」の発売見送りを発表 日本では11月7日以降の発売に

本日、Microsoftは「Xbox E3 2017 Briefing」内で新型ハード「Xbox One X」を正式に発表した。

開発中は「Xbox Project Scorpio」という名称で呼ばれていた同ゲームハードは、他のゲームハードよりも高性能なGPUやメモリが搭載されており、4K出力にも対応。また、最新冷却機能が搭載された関係でXbox史上最もコンパクトな本体に仕上がっていることなどが明らかになっていたが、同ゲームハードの日本での発売に関して、残念なお知らせが入ってきた。

Game Watchによると、日本マイクロソフトは「Xbox One X」の11月7日の発売見送りを発表。日本では11月7日以降に準備が整い次第発売することになるという。

以前にも「Xbox One」や「Xbox One S」の発売が日本では遅かったことから、個人的にはなんとなく嫌な予感がしていたのだが、今回もやはり日本は発売が遅れることに。

ただ、日本での展開はすでに確定しており、発売日と価格は決まり次第改めて発表されるとのことなので、続報を待とう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。