【新型’17/旧型’16比較】「iPad Pro」の10.5インチモデルと9.7インチモデルのスペック比較

今月6日、Appleは毎年恒例となっている開発者向けイベント「WWDC 2017」で、新型10.5インチ「iPad Pro」を発表した。

10.5インチ「iPad Pro」は、従来モデルの9.7インチ「iPad Pro」と置き換わる形で導入され、ホームボタンは引き続き搭載されるものの、ベゼルが狭くなったことで、画面の大型化を実現している。

さらにプロセッサなど性能も大幅に向上し、従来9.7インチ「iPad Pro」と比べて、よりプロ仕様な端末に生まれ変わった。

これらのアップデートを受けて、今回の新型iPadの購入を検討している人が結構多くなっている模様。かくいう僕も速攻で注文したほどだ。

だが、少し待ってほしい。10.5インチ「iPad Pro」は一体どれほどの性能を持っているのか。また、昨年春に登場した9.7インチ「iPad Pro」とどれほど性能が向上したのか。買い換えるほどの魅力を持った端末なのか、実際に購入する前にもう一度だけ考えてみよう。

まず、従来モデルと比較して10.5インチ「iPad Pro」が、どのように変化したのか。ポイントをまとめてみた。スペック比較表も作成してみたので、ぜひチェックしてみてほしい。

10.5インチ「iPad Pro」、前モデルから何が変わった?

  • ディスプレイサイズが9.7インチから10.5インチ
  • ベゼルが狭くなり、相対的にスマートなデザインに
  • 本体サイズが若干大型化
  • カメラ性能が向上(フロント・背面どちらも)
  • 「A10X Fusion」と「M10」の搭載
  • ベンチマークスコアが大幅に向上
  • メモリ容量が4GBに
  • 最大リフレッシュレート120Hzに
  • 「Touch ID」が第2世代になり、早く認証できるように

 

  10.5インチiPad Pro (2017) 9.7インチiPad Pro (2016)
ディスプレイ Retina ディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広域色ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
ProMotionテクノロジー
Retina ディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広域色ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
ディスプレイサイズ 10.5インチ 9.7インチ
解像度 2,224 x 1,668 (264ppi) 2,048 × 1,536 (264ppi)
プロセッサ A10X Fusionプロセッサ
M10コプロセッサ
A9Xプロセッサ
M9コプロセッサ
外向きカメラ 1,200万画素
F値:1.8
クアッドLED True Toneフラッシュ
Live Photos
Focus Pixelsを使った
オートフォーカス
パノラマ(最大6,300万画素)
サファイアクリスタル製レンズカバー
1,200万画素
F値:2.2
True Toneフラッシュ
Live Photos
Focus Pixelsを使った
オートフォーカス
パノラマ(最大6,300万画素)
サファイアクリスタル製レンズカバー
ビデオ撮影 4K HDビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
連続オートフォーカスビデオ
内向きカメラ 700万画素
F値:2.2
Retina Flash
1080p HDビデオ撮影
自動HDR
自動手ぶれ補正
500万画素
F値:2.2
Retina Flash
720p HDビデオ撮影
自動HDR
センサー Touch ID(第2世代)
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計 
Touch ID(第1世代)
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計 
スピーカー搭載数 4
通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
MIMO対応
Bluetooth 4.2
バッテリー

ビデオ / オーディオ再生 : 最大10時間

インターネット利用
Wi-Fi : 最大10時間
4G LTE : 最大9時間

本体サイズ 250.6 × 174.1 × 6.1 mm 240.0 × 169.5 × 6.1 mm
重量 Wi-Fiモデル:469g
Cellularモデル:477g
Wi-Fiモデル:437g
Cellularモデル:444g
カラー シルバー / ゴールド / スペースグレイ / ローズゴールド
価格 Wi-Fiモデル
64GB:69,800円
256GB:80,800円
512GB:102,800円

Cellularモデル
64GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円

販売が終了しているので従来の価格を記載

Wi-Fiモデル
32GB:62,800円
128GB:72,800円
256GB:82,800円

Cellularモデル
32GB:76,800円
128GB:86,800円
256GB:96,800円

「iPad Pro」の性能は「iMac」や「MacBook Pro」並み?

6月12日、10.5インチ「iPad Pro」の各種ベンチマークスコアが公開された。公開したMacお宝鑑定団Blogによると、10.5インチ「iPad Pro」に搭載された「A10X Fusion」の性能は、2017年モデルのiMac (21.5-inch)に搭載されたCore i5 2.3GHzや、MacBook Pro 2017(13インチモデル,Touch Barなしモデル)に匹敵するレベル。これは驚異的なベンチマーク結果で、とてもタブレット用のスペックだとは思えない。

従来モデル(9.7インチiPad Pro)に搭載された「A9X」プロセッサとの比較では、シングルコアで約1.3倍、マルチコアスコアで約1.8倍に改善されており、特にマルチタスク用にスペックが向上している。

他にも、グラフィック性能が80%向上し、メモリ容量が従来の2倍となる4GBに増量するなど、全体的に処理能力は大きく向上している。

最大リフレッシュレートが120Hzになり、「Apple Pencil」の感度が向上

今回の新型「iPad Pro」の発表の中で、会場に大きな歓声が上がった。その理由は、「iPad Pro」のディスプレイの最大リフレッシュレートが120Hzにアップデートされたから。

リフレッシュレートは簡単に説明すると「1秒間に何回、画面表示が更新されるか」という指標。120Hzということは、1秒間に120回も画面が更新されることを表す。従来モデルが60Hzだったことから、2倍の頻度で画面が更新されることになる。

10.5インチ「iPad Pro」の画面が最大120Hzリフレッシュレートに対応した最大の理由は、「Apple Pencil」の感度を向上させるため。今までの倍の頻度で画面が更新されるようになったことから、従来に比べてより滑らかな描画ができるようになる。

さらに、この高リフレッシュレートは動画コンテンツを視聴する際や3Dゲームなどで真価を発揮する可能性が高い。グラフィック性能の向上と合わせて、動画の視聴はより快適になるのは間違いないだろう。

カメラ性能の着実なステップアップ--「iPhone 7」とほぼ同じ性能に

10.5インチ「iPad Pro」に搭載されたカメラは背面・フロント、どちらも性能が強化されている。

その性能は、昨年秋に発売した「iPhone 7」と同程度。1200万画素のセンサーを搭載し、最大5倍のデジタルズームに対応。

f値は1.8になり、暗い場所でも撮影しやすくなった。もちろん「Live Photos」やパノラマ撮影、バースト撮影に対応する。

そしてフロントカメラ(FaceTimeカメラ)は700万画素カメラに進化。1080pの動画撮影が可能になったことで、FaceTimeなどビデオチャットで綺麗な映像を届けることができるようになる。

本当の真価を発揮するのはマルチタスクが進化する「iOS 11」から

以上のように、10.5インチ「iPad Pro」は従来モデルに比べて、性能面で大きく進化したことがお分かりいただけると思う。

ただし、10.5インチ「iPad Pro」でないとできないことが意外と少ないため、昨年登場した9.7インチ「iPad Pro」を購入した人にとっては、わざわざ乗り換えるほどではないかとも感じている。価格も最安モデルで69,800円と、決して安いとは言えないからだ。

しかし、そうは思っていても個人的には「iOS 11」と10.5インチ「iPad Pro」の組み合わせに大いに期待している。というのも、「iOS 11」でiPadシリーズはマルチタスク中にドラッグ&ドロップ機能が利用できたり、ドック表示させてアプリの切り替えがスムーズになったりと、今までの使い方が大きく変化する予定。

そうなると、今までストレスだったiPadでの作業の一部が便利に感じるはず。特に、ドラッグ&ドロップ機能に関しては、アプリのスイッチが必要なくなることもあり、作業効率が一気に早くなる可能性も。

そうなれば少しでも画面サイズは大きい方がよく、コンパクトで持ち運び性に長ける10.5インチ「iPad Pro」は外出時のお供として最適だと思われる。

9.7インチ「iPad Pro」からの乗り換えは必ずしもユーザーを幸せにすると断言はできないが、それよりも前のモデルを持っているユーザーは買ってもいいのではないかと、10.5インチ「iPad Pro」の発表を見た僕は、そう感じている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
▶︎ 10.5インチ / 12.9インチ「iPad Pro」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう