「Amazonフレッシュ」の配送対象エリアが拡大 東京都は6区→18区に 狛江市・調布市・千葉県市川市・浦安市・神奈川県川崎市も対象に

今年4月に日本上陸を果たした「Amazonフレッシュ」だが、サービス対象エリアが拡大することが発表された。

Amazonの発表によると、「Amazonフレッシュ」のサービス対象地域は、従来の東京都港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区から、東京都18区、狛江市、調布市、千葉県の市川市、浦安市、および神奈川県川崎市(いずれも一部エリアを除く)に拡大

これらの地域にお住いのユーザーは、生鮮食品や日用品が最短4時間で届く「Amazonフレッシュ」のサービスを利用可能になる。

サービス対象地域が拡大 初回利用時のクーポンも提供中

また、今回のAmazonの発表によると、Amazonフレッシュ」のサービスは、新たに7万点の商品を追加。合計で17万点以上の豊富な品揃えとなったとのこと。

野菜や果物、鮮魚、乳製品といった生鮮食品は1万7,000点以上、キッチン用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨は16万点以上の在庫を持つ。これだけの在庫があれば、必要なものは全て揃えることができるだろう。

さらに、今回のサービス拡大に合わせて、「Amazonフレッシュ」限定の「パティスリーモンシェール 堂島ロール マスカットフレーバー」の販売も開始したとのこと。「堂島ロール」の中央に「Amazonフレッシュ」のイメージカラーであるグリーンのマスカットクリームが入っており、とても美味しそう。まだ、Amazonフレッシュを使ったことがない方はこの機会に注文してみてはどうだろうか。

「Amazonフレッシュ」は、Amazonプライム会員限定のサービスとなっており、年会費もしくは月会費の他に、月額500円の支払いが必要だ。ただ、最短4時間で食材や日用品が届くのはとても便利なので、時間に余裕がない方や外出ができないときに利用するといいかもしれない。

配送可能エリアは以下のとおり。

  サービス対象地域
従来まで 【東京都】港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の 6 区域(一部エリアを除く)
6月15日(木)から 【東京都】 港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区、新宿区、文京区、台東区、荒川区、足立区、葛飾区、渋谷区、目黒区、世田谷区、杉並区、品川区、大田区、調布市、狛江市 (一部エリアを除く)
【千葉県】 市川市、浦安市 (一部エリアを除く)
【神奈川県】 川崎市中原区、多摩区、宮前区、高津区 (一部エリアを除く)

Amazonフレッシュ」30日間の無料体験期間が用意されている。まだ利用したことのない人はお試しで使ってみよう。プライム会員の無料体験と同時に利用できるので、詳しくは以下からどうぞ。

Amazonプライム会員への登録はこちらから、「Amazonフレッシュ」の詳細を確認したい場合はこちらからどうぞ。

ちなみに、Amazonは2017年6月30日までの期間限定で、「Amazonフレッシュ」の初回購入時(対象:税込 6,000 円以上のご購入)に利用できる2,000円OFFクーポンも提供している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう