DAZN、UEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの放映権を獲得 18-19シーズンから

[ img via (MickkBaker) rooster ]

Jリーグをはじめ、ブンデスリーガやラ・リーガなど世界中のスポーツのライブストリーミングサービスを行なっているDAZN(ダ・ゾーン)が、新たにUEFAと放映権契約を締結したことを発表した。

DAZNは、UEFA(欧州サッカー連盟)が主催する主要大会、「UEFAチャンピオンズリーグ」「UEFA ヨーロッパリーグ」「UEFAスーパーカップ」の全試合の放映権を獲得。2018-2019シーズンから3シーズンにわたって独占的に配信を行う予定だ。

[ img via brent flanders ]

対象となる試合は、各大会のプレーオフ予選からグループステージ、決勝トーナメントの全て。ライブ配信はもちろん、見逃し配信やハイライトの配信も行う予定だという。

DAZNが独占放映権を獲得したことから、今まで日本国内で上記大会を配信していたスカパー!では視聴できなくなることが予想される。18-19シーズン以降、どこのサービスと契約するか再検討する必要がありそうだ。

ちなみに、DAZNはドイツのブンテスリーガやスペインのラ・リーガの他にも、リーグ・アン(フランス)やセリエA(イタリア)といった欧州主要リーグの放送を行なっている。イングランドのプレミアリーグに関しては、ソフトバンク系列の「スポナビライブ」が配信を行なっている。

[ via Goal ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。