Google、「Google ドライブ」に代わるツール「Backup and Sync」を発表 Mac/PCの任意ファイルを自動で同期

「Google ドライブ」を利用している人に嬉しいお知らせ。

本日、Googleは「Google ドライブ」に代わる新しいサービス「Backup and Sync」を発表。6月28日に同サービスをリリースする予定であることが明らかになった。

「Backup and Sync」は「Googleドライブ」の後継アプリ 6月28日にリリース予定

「Backup and Sync」は、今まで提供されてきた「Googleドライブ」の後継アプリとも言える存在。好きなフォルダを常に最新の状態で他端末と共有することができる便利ツールだ。

従来の「Googleドライブ」では、同期するファイルを全て「Googleドライブ」のフォルダ内に入れて共有する必要があったが、「Backup and Sync」はMacやPC内にある任意のフォルダを同期・共有することが可能に

また、「Google フォト バックアップ」の機能も「Backup and Sync」に統合されることに。従来の「Googleドライブ」を利用しているユーザーは、「Backup and Sync」のリリース後に自動的に新アプリへ置き換えられ、旧アプリでの設定は全て引き継ぎされる予定であるとのこと。

ちなみに、「Backup and Sync」は一般ユーザー向けのサービスで、「G Suite」向けとしては新たに「Drive File Stream」というサービスが提供される予定。

ただ、そのリリース時期は年末になるとのことなので、それまでは従来の「Google ドライブ」を使用する必要がある。「Backup and Sync」への自動アップデートはされないようになっているようだ。

[ via Engadget ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう