Twitter、公式アプリのUIを刷新 いいねやリツイートのライブカウンター機能も実装

Twitterの公式アプリのデザインが、本日から正式に変更になることが分かった。

Twitterは本日、公式ブログでiOS版公式アプリを新UIに移行することを発表。すでに国内のユーザーで、新UIに移行した方もいるようだ。

「いいね」や「リツイート」数のライブカウンター機能が実装

今回、Twitterが導入した新しいレイアウトは、新たにナビゲーションメニューを導入(Android版は昨年に導入済み)することで、画面下のタブを一つ少なくすることに成功。さらに、ユーザーのプロフィールや設定、プライバシー設定などの項目に、ナビゲーションメニューからスムーズに移行することが可能になった。

また、プロフィールアイコンも丸みを帯びた四角形から丸形に変更に。そのほかのアイコンも一部見直しが実施されており、多くのユーザーが一目で分かりやすくなるように調整が行われた。また、以前テストされていたリツート数やいいねの数のライブカウンター反映も実装されている。

今回のUI変更は、iOSアプリやAndroidアプリ、Twitter Lite、TweetDeck、そしてウェブ版で実施される。今後数週間で順次変更されるとのことなので、まだ変更されていなくても、いずれ新UIに置き換わるはずだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。