【レビュー】AUKEYの超音波アロマディフューザー「BE-A6」~理想のリラックス空間を演出 室内の乾燥予防も~

お部屋の乾燥に悩まされている方、アロマの力でリフレッシュしたい方は、家庭用の超音波加湿器を試してみてはどうだろうか。

今回僕は、いつも様々なスマホアクセサリを提供していただいているAUKEYから、発売したばかりの超音波アロマディフューザー「BE-A6を提供していただいて、実際の使い心地を体験することができた。

提供していただいてから1週間ほど使い続けているのだが、「BE-A6」はかなり手軽に使うことができ、個人的には大満足している。少しばかり季節外れ感もあるが、早速「BE-A6」について紹介していこう。

計7色に移り変わる加湿器兼アロマディフューザー

今回ご紹介する「BE-A6」は、超音波を使って水を振動させることで、水を細かいミストにする”超音波式”と呼ばれるタイプの加湿器兼アロマディフューザー。

効果は他のアロマデュフューザーと同様で、加湿器として部屋の乾燥を防いだり、アロマオイルを垂らして自分の好きな香りを部屋いっぱいに広げることができる。

本体はプラスチック製で軽く、持ち運びに苦労することはほとんどなし。ガラスなど壊れやすい素材でもないため、本体を壊してしまったりする危険は一切なし。

本体デザインは縦にシュッと長く、ミストの吹き出し口が尖っているので、遠目から見ると上を見上げているペンギン?のよう。横幅はそこまで大きくなく場所を取らないので、寝室など限られたスペースでも気軽に使うことができる。

同製品の使い方はとても単純で、「BE-A6」を家庭用コンセントに接続して、タンクに水を入れてミストスイッチを押すだけ。あとは必要に応じて、アロマオイルを入れたり、ライトを点灯させれば完了だ。

本体のタンクに入れられる水の量は最大250cc。付属してくる計量カップは200ccなので、間違って水を入れ過ぎてしまうことはないと思うが、規定量以上に水を入れるのは少々危険なので、基本的には計量カップを使って水を入れるようにしよう。

本体の底面にはファンが備え付けられており、気化した水はポットの上から噴出するようになっている。ミスト状になって出てくるため、周りが水浸しになることはないが、時々水の雫が弾けて飛んでくるので、近くに電化製品を置くのはやめたほうが良さそう。

本体には2つのボタンがあり、下がミストスイッチ、上がライトスイッチになっている。それぞれ押す回数によって様々なモードが用意されているので、この辺りを少し詳しく紹介しよう。

まずはミストスイッチの挙動から。ミストスイッチは吹き出すミストの運転モードを切り替える役割があり、スイッチを押すごとにモードが変化する。変化するモードは以下の5種類。

  • 1時間モード
  • 3時間モード
  • 6時間モード
  • 連続モード
  • 電源オフ

「1・3・6時間モード」では、動作時間が規定の時間に達することで自動で電源がオフになる。連続モードは時間での制限はないものの、タンクの水位がセンサーより下回ると自動的に動作を停止し、空焚きを防止してくれるというものだ。

いずれも空焚きによる火事防止機能が働くため、万が一の事態になることを心配する必要はない。また、寝るまでの数時間だけ稼働させたいときなど、使うタイミングごとにモードを選べるため、機能性は割と高いと言える。

次にライトスイッチについて。「BE-A6」には7色に変化するLEDライトが搭載されており、スイッチを押すことで点灯モードを切り替えることができる。

点灯モードは主に3種類で、7色が自動で切り替わる「交代点灯モード」、ライトを同じ色で固定する「固定点灯モード」、ライトを点灯させないで使用する「消灯モード」が用意されている。

個人的には色がコロコロと変わると落ち着かないので、基本的には「固定モード」で利用。

固定するカラーは部屋の雰囲気に合わせて青や緑を選んでいる。仕事部屋には水槽も置いてあるため、これらのカラーがマッチするからだ。

また、寝室で就寝時にも使っているのだが、ライトが煌々とついていると眠りの妨げになってしまうので、その時には「消灯モード」で運用するなど、シーンに合わせて自由にモードを選択して使っている。

実際に使って見たときの様子はこんな感じ。ポットの上からヒュルーっとミストが出てきており、見た目からも部屋が潤っている印象を受ける。アロマオイルを入れれば、ほんのり匂いがしてくるので、しばらく点けて置くと部屋中がアロマの匂いでいっぱいに。

超音波式なのでミストは全く熱くなく、部屋が蒸し暑くなったり、吹き出し口に誤って触っても火傷することは一切ない。小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使うことができるだろう。

以上が、超音波アロマディフューザー「BE-A6」の特徴になる。

基本的な使い方・性能は他の超音波式の加湿器とほぼ同じだが、250ccのタンクを持った加湿器の割には省スペースで、置く場所が制限されないのが一番の強み。また、動作モードやLEDライトのカラーを自分好みに調整できるのも嬉しいところだ。

今の時期は湿気も多い季節なだけに加湿器を必要とする機会は少ないと思うが、良いアロマディフューザーを探していたり、色が変化する省スペース加湿器を探していた方は、同製品を購入してみてはどうだろうか。

BE-A6」は、現在Amazonで3,499円で販売中。購入は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう