日本航空(JAL)、国内線の機内Wi-Fiサービスを無料開放することを発表

[ img via Matt@PEK ]

今年1月、日本航空(JAL)はJAL SKY NEXT対象77機の全機改修完了を記念し、以前から提供していた機内Wi-Fiサービスを国内線に限り無料開放するキャンペーンを実施。

同キャンペーンは8月31日までの期間限定となる予定だったが、本日、JALは機内Wi-Fiサービスを今後無料で開放することを発表。今後も国内線に限り、機内Wi-Fiサービスが無料で利用できるようになるとのこと。

国内線の機内Wi-Fiサービスを今後も無料に

現在、JALは国内線に限り、無料でWi-Fiサービスを利用できるキャンペーンを実施中。先ほどもお伝えした通り、キャンペーンは8月31日までとアナウンスされていたが、今後もWi-Fiサービスが無料で提供されることになる

Wi-Fiサービスが無料化されるのは、JALとJTA(日本トランスオーシャン航空)の国内線のうち、機内Wi-Fiサービスを提供しているボーイング777-300型機、777-200型機、767-300型機、737-800型機の全ての便。飛行機でお出かけの際には、これらの機材に搭乗できるように時間を調整してみてはいかがだろうか。

[ img via jmv ]

ちなみに、JALのWi-Fiサービスのプロバイダは「Gogo」。サービスは衛星を介して提供されるため、飛行エリアや時間帯によっては接続が不安定になることもあるようなので、利用時には注意してほしい。

[ via 乗りものニュース ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。