「iPhone 8」の新たなダミーユニットが公開 「iPhone 7 Plus」との比較も

6月に入ってから、「iPhone 8」の確信的なリークと思われる情報がいくつか登場しているが、さらに米大手ニュースサイトの9to5Macがダミーユニットの動画を公開

動画では、以前に公開されていたものとほぼ同じ特徴を持ったダミーユニットが登場している。早速詳細を確認していこう。

以前に公開されたダミーユニットとほぼ同じ特徴のダミーユニットが公開

9to5Macが動画で紹介しているダミーユニットは、以前にBenjamin Geskin氏が公開したものとかなり似たもので、ホームボタンの廃止や縦並びになったデュアルレンズカメラが特徴的だ。

一時期、背面に移動すると言われていた「Touch ID」は今回も存在せず。おそらくディスプレイに内蔵されているか、もしくは電源ボタンに内蔵されているものと予想される。

ただし、Geskin氏の最近の情報では筐体全体がブラックになるという内容のものが多くなっており、側面だけがシルバーになっている今回のダミーユニットと内容が食い違う。この特徴が本物の「iPhone 8」と一致しているものなのかは現時点では不明だが、個人的にはブラックもシルバーもどちらもカッコ良さそうに見える。

動画の最後では、「iPhone 8」のダミーユニットを現行機種の「iPhone 7 Plus」と比較している。やはり端末自体の大きさは「iPhone 7 Plus」より少し小さいものの、ディスプレイの大きさはほぼ同じくらいになりそうだ。

次々と新しい情報が出てきている「iPhone 8」は、例年通りであれば9月にその全貌が明らかになる予定。有志によるコンセプト動画も多数公開されているので、それらを視聴しながら「iPhone 8」がどんな端末になるのか想像を膨らませてみよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。