iMobie、Mac/Windows向けiOSデータ復旧ソフト「PhoneRescue(iOS用)」のバージョン3.3.0を公開

以前、当サイトでもレビューを公開したiMobieのiOSデータ復旧ソフト「PhoneRescue(iOS用)」は、削除してしまったデータの復旧ができる総合データ復旧ソフトだ。

6月初めにはAndroid端末のデータを復旧する「PhoneRescue(Android用)」もリリースされ、ますます便利になっている同ソフトだが、「PhoneRescue(iOS用)」の新たなアップデートとなるバージョン3.3.0がリリースされている

「iOS 11」や「macOS High Sierra」に対応、復元・修復機能が大幅に強化

今回リリースされたのは、Windows・Mac用ソフト「PhoneRescue(iOS用)」の最新アップデートであるバージョン3.3.0。

同アップデートでは、先日開催されたAppleのデベロッパー向けイベント「WWDC 2017」の基調講演後にリリースされた「iOS 11」と「macOS High Sierra」のベータ版に対応。これらのベータ版を利用しているデベロッパーも安心して利用することが可能になった。

また、データ復元機能とシステム修復機能が大幅に改善され、破損したiTunesバックアップファイルからデータの抽出が可能になったり、OSアップデートなどで起こったリンゴループなどからデータを消去することなく復旧できる「高級モード」が新たに搭載されているとのこと。

バージョン3.3.0は、すでに「PhoneRescue(iOS用)」を利用しているユーザーは無料でアップデートが可能となっているので、今すぐアップデートを行うようにしよう。

「PhoneRescue」はiOS用Android用の2種類がリリースされており、それぞれ個人ライセンスが4,999円、家族用ライセンス(PC5台までインストール可能)が6,999円で販売中。

ちなみに、MacとWindowsでソフトは異なるものの、ライセンスはどちらでも使用可能。購入時する場合は以下からどうぞ。

PhoneRescue(iOS用)
無料体験版
個人用ライセンス:4,999円
家族用ライセンス:6,999円

PhoneRescue(Android用)
無料体験版
個人用ライセンス:4,999円
家族用ライセンス:6,999円

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう