Apple、パブリックベータテスター向けに「iOS 11 Public Beta」をリリース

本日、Appleは各パブリックベータテスターに向けて「iOS 11 Public Beta」を公開している。

「iOS 11 Public Beta」は、「WWDC 2017」で発表された次期iOSの「iOS 11」の最新ベータ版。「Apple Beta Software Program」に参加しているユーザーが対象で、登録すれば誰でも利用することができ、「iOS 11」の新機能を試すことができる。

あくまでベータ版なので、試す場合は自己責任になってしまうが、いち早く新機能を試したい方は是非インストールしてみてほしい。

具体的な新機能や変更点は、以下の記事を参考に。もちろん、アップデートの際は事前のバックアップもお忘れなく。

「iOS 11」は、今秋に正式版がリリースされる予定となっており、インストール可能端末は以下のとおりだ。今バージョンから「iPhone 5c」と「iPhone 5」がサポート対象から外されることになる。

インストール可能端末
iPhone iPad iPod touch 

iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

12.9インチ「iPad Pro」第1世代
12.9インチ「iPad Pro」第2世代
10.5インチ「iPad Pro」
9.7インチ「iPad Pro」
iPad Air 2
iPad Air
iPad (第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2

iPod touch (第6世代)

ちなみに、今回公開されているパブリックベータ版は、Appleが提供している「Apple Beta Software Program」に端末を登録することで誰でも利用することができる。

この「Apple Beta Software Program」は、パブリックベータテスターに最新ベータを提供することで、バグなどの問題点を見つけてもらうために行われているプログラムなので、正式版とは違い予期せぬ重大な不具合が起きる可能性がある。

最新の機能をいち早く利用できるというメリットもあるのも確かだが、利用する場合はユーザーの自己責任ということになるのでこの点には注意していただきければと思う。「Apple Beta Software Program」への登録はこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。