「iOS 11」の「ARKit」を利用した物差しアプリが登場 iPhoneのカメラを利用して長さを測定することが可能に

先日「WWDC 2017」で発表された「iOS 11」では、「ARKit」と呼ばれるフレームワークを利用することで、iPhoneやiPadなどのiOS端末をARに対応させることができるようになることが明らかになっているが、早速これを利用した便利アプリが登場している。

9to5Macは、iOS端末のカメラを利用することである特定の場所の長さを測定することができる”物差し”のようなアプリ「ARuler」と「AR Measure」を紹介している。

スタート地点とゴール地点をタップするだけでその部分の長さを表示

「ARuler」と「AR Measure」は、「iOS 11」の純正フレームワーク「ARKit」を利用した物差しアプリ。使い方としては、どちらも測定したいものにカメラを向け、測定したい部分のスタート地点とゴール地点をタップするだけだ。

両アプリの挙動はそれぞれの紹介動画を確認してほしいのだが、基本的にはどちらも大体の長さを測定することができており、かなり便利そう。ARの活用方法は様々だが、こういった使い方をすることで、わざわざ物差しやメジャーを使って物理的に長さを測る必要がなくなるかもしれない。

ただし、若干の誤差はあるようなので、家具選びの際など正確な長さを測定したいのであれば本物のメジャーを使って測定することをオススメするが、大まかな長さがわかれば良い場合などでは、こういったアプリを使って手軽に測定してみても良いのではないだろうか。

ちなみに、「ARuler」と「AR Measure」の正式リリースは「iOS 11」のリリース後。それぞれのページではメールアドレスが登録できるようになっており、正式リリースを通知してもらうことが可能。同アプリのリリースを一刻も早く知りたい方はぜひメールアドレスの登録を。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう