Apple、パブリックベータテスター向けに「macOS High Sierra Public Beta」を公開

現地時間6月29日、Appleは今秋リリース予定の次期macOS「macOS High Sierra 10.13」のベータ版を、初めてパブリックベータテスターに向けてリリース。同ベータテストに参加しているユーザーであれば、ダウンロードすることが可能になっている。

macOS High Sierra 10.13 Public Beta」は、「WWDC 2017」の基調講演後に公開されたデベロッパー向けのベータ版と同じものになっており多数の新機能が搭載されている。これまでに公開された開発者向けベータ版・新機能の詳しい情報については、以下の記事を参考に。

「macOS High Sierra 10.13」の正式版は、今年の秋にリリースされる予定。対応する端末は以下の通りで、前OSの「macOS Sierra」がインストールできた端末であれば、すべての端末がサポートされる予定だ。

  • iMac (Late 2009) 以降
  • MacBook (Late 2009) 以降
  • MacBook Pro (Mid 2010) 以降
  • MacBook Air (Late 2010) 以降
  • Mac mini (Mid 2010) 以降
  • Mac Pro (Mid 2010) 以降
「macOS 」のリリース時期
  リリース時期
ベータ版 デベロッパー版 本日
パブリックベータ版 2017年6月後半
正式版 2017年秋

パブリックベータ版をインストールするには、端末を「Apple Beta Software Program」に登録する必要がある。登録終了後は、Mac App Storeから最新ベータ版をダウンロードすることが可能。利用する際は必ずバックアップを取得することをお忘れなく。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。