PS4「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード」の単体販売が決定 発売日は7月27日(木)、予約受付も本日から開始

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」のPS4リマスター版が、単体で発売されることが正式に発表された。

本日、PlayStation.Blogは「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」に同梱されていた「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード」を7月27日に発売することを発表。本日から各PlayStation取扱店にて予約受付を開始することを発表している。

Amazonで「コール オブ デューティ」シリーズをチェック

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード」は、2007年にPS3で発売した「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」のリマスター版としてPS4でリリースされたタイトル。2016年11月に発売した「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」の「レガシーエディション」もしくは「ダウンロード特別版」に収録されていたタイトルで、これらを購入しなければ遊ぶことができなかった。

しかし、今回単体で販売が開始されることになったおかげで、綺麗な画質で「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」が遊べるように。

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード」の発売日は7月27日(木)で、価格は5,900円(税抜)。オリジナル版からキャンペーンモードと10個のマルチプレイヤーモード用マップを収録し、HD画質のテクスチャや物理演算されたレンダリング、ハイダイナミックレンジに対応したライティングを楽しむことができる。

記事を掲載した時点では、Amazonなどの各ショップで予約受付が開始されていないが、間もなく予約受付が開始される予定。単体での販売を待っていた方はこの機会にぜひ予約していただければと思う。

Amazonで「コール オブ デューティ」シリーズをチェック
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう